menu
Social media

ビジネス

スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(2)目を見張るNidecの勢力拡大

Cover 8cc7800c e08d 496d bbea 143fd83e6b32
日本電産のブランドサイトより

 最新のテクノロジーで開発された、高度な電子部品を詰め込んで作られるAppleのiPhoneなどのスマートフォン(スマホ)。タッチスクリーン型のキーボードやアプリなどソフトウェアで実現する機能だけでなく、ハードウェアを上手く活用して、今までになかった機能も実現している。

 スマホ部品のサプライヤーの地位は激しく厳しい競争の舞台にもなっている。加速度センサーやジャイロセンサーによって実現されているスマホならではの機能のほかにも、携帯電話の重要な機能を担う部品のサプライヤーを巡る動きもそれは同じだ。

 そこで今回は特に、スマホだけではなく、いわゆるガラケーにも搭載されており、マナーモードに設定した時に起動される、着信を知らせるバイブレーション機能を実現している部品、小型・精密モーターについてのM&A、特にM&Aに精力的に取り組んできた日本電産(Nidec)に焦点を当ててみよう。

■スママホの振動を作り出す「振動モーター」

 スマホやガラケーのバイブレーション機能については、いまさら、説明しなくてもいいだろう。他方で、スマホをはじめとした携帯電話の振動はモーターによって実現されていたと、知ってもらえてはいただろうか。
 
 実際には、携帯電話の振動は「振動モーター」と呼ばれる部品が着信時にバイブレーションを起こしており、携帯電話の要の一つとでもいえる役割を果たしているのだ。

 振動モーターについて、もう少し詳しく説明すれば、モーターの回転軸に、重心をズラした分銅体を装着させている。着信時には、モーターが回り、不釣り合いな分銅体も一緒に回転することで、振動を起こす仕組みだ。

 さらに、スマホの振動という点では、最近、操作時に本体がブルッと震える動きも導入されており、基本的には同じ仕組みだ。ただ、スマホの振動については振動モーターだけではなく、静電アクチュエーターを用いて起こしている動きもある。日本電産はモーターで大きなシェアを握っているのはもちろん、こちらの静電アクチュエーターへの取り組みも推進しており、次の推進力にできるかも注目だ。

 ■三洋精密の買収で弾みをつけたNidec

 もちろんモーターは「回るもの、動くもの」に特化した「総合駆動技術の世界No.1メーカー」の実現が目標だと公言している通り、日本電産の得意分野ではある。その中で、こちらも日本電産に特徴的な取り組みだとされるM&Aを積極的に活用しており、事業展開を加速させている。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(3)盤石な基礎の構築に活用した村田製作所

スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(3)盤石な基礎の構築に活用した村田製作所

さまざまな電子部品を供給してきた村田製作所。それはスマホに対しても同じだ。村田製作所は、スマホや携帯電話の電子部品の研究開発や製造・販売を自社で進めてきた一方で、M&Aも活用して製品の供給力の強化を図っている。


注目の記事

Thumb ed24d32d 314b 436d 9162 9042c662b25c

【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

1995年3月期。今から20年前の株式公開時には、売上が1,000億円に届いていなかったソフトバンク。それが2014年3月期にはなんと売上高6兆7,000億円、営業利益は約1兆円に達する日本を代表する巨大企業に成長した。M&A巧者の軌跡を追う。

Thumb 37ae6300 d36c 422a b3db 7b5650e56863
Thumb 43728674 93ee 4d97 8dd1 b044798b88cd
Thumb de87922e b9db 43ec bcf7 aa94a02c0218