ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【2018年1月 M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

alt

最後に参考までに、東証の適時開示外で主要案件はどうか。一つはNEC<6701>による英ノースゲート・パブリック・サービス社の713億円での買収。ノースゲートはセキュリティー分野のITサービス企業で、英国の全警察や中央政府に強固な取引基盤を持つ。武田薬品工業<4502>はベルギーのバイオ医薬品企業タイジェニックス社をTOBにより約700億円で買収することを発表した。

とくに目立ったのはヘルスケア関連。日立製作所<6501>=画像診断レポート作成のIT企業、米ビジスターを買収、資生堂<4911>=米オリボから人工皮膚形成技術事業を買収、芙蓉総合リース<8424>=中古医療機器買取のFUJITAを買収、ニプロ<8086>=カナダの医療機器販売会社、カ―ディオメッドを買収という具合だった。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

2018/01/30

仮想通貨とは紙幣や硬貨は存在せず、パソコンやスマートフォンなどを用いて物の売買ができる通貨。発行や流通などに国家や企業は関わっておらず、無料か格安の手数料で送金できるというメリットがある。M&A資金に充てる例も出てきた。

関連のM&Aニュース