menu
Social media

TOBプレミアム分析レポート

2016年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover 96ab08bf 627e 446f 8bfa 5c8f00b0ea1c

1. 総評

TOB件数は公表ベースで9件と前年同期(6件)比で減少した(表1)。

◆当四半期では主にバンダイナムコホールディングス<7832>が、ウィズを公開買付し、55.02%を所有した。また、コロプラ<3668>が、日本における事業基盤の拡大を目的として、エイティングを公開買付し、68.19%を取得し子会社化した。(表2) 。

◆総プレミアムの平均値は7.63%となっており、他の四半期に比べディスカウントTOBが多かった。なお、株価が上昇した水準を保っていることから、50%を超えるプレミアムのTOBの割合は引き続き低い割合となっている。(表3) (表4)。

(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3ヶ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

◆表1


TOB件数は公表ベースで9件と前年同期(6件)比で減少

株式公開買付(TOB)・MBO

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

2016年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70