2016年第3四半期TOBプレミアム分析レポート

TOB件数は公表ベースで14件と前年同期(8件)比で増加傾向にあり、50%を超えるプレミアム件数も6件と比較的高い割合となっている。

1. 総評

TOB件数は公表ベースで14件と前年同期(8件)比で増加した(表1)。
◆当四半期では主にNAPホールディングス<2128>がノバレーゼを公開買付した(結果は未了)。
 また、アクティオホールディングスが共成レンテム<9680> を公開買付し、8,654百万円を投じた結果、所有割合が20.43%から94.33%となった。(表2)。
◆当四半期の総プレミアムの平均値は56.27%となっている。
 なお、50%を超えるプレミアムのTOBの割合は、14件中6件と、比較的高い割合となっている。(表3)(表4)

(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3ヶ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

◆表1 TOB件数の推移(届出ベース)

TOB件数は公表ベースで14件と前年同期(8件)比で増加

【次のページ】3Qの主なTOB