menu
Social media

ビジネス

業界別 M&A動向レポート[建設業界]

Cover 361099f8 79bf 4a62 ac97 9a9cba306edb

業界全体として受注増、人材不足解消のためM&Aが活用される

大手ゼネコンの平成28年3月期は軒並み好業績となり、一部企業はバブル期を超え24年ぶりの最高益を更新した。背景としては、東北の震災復興需要に始まり、アベノミクスによる公共工事予算の増加、老朽化した建物の修繕建て替え需要、都市部を中心とした建設需要の増加等複数の要因が挙げられる。

国土交通省発表の平成27年度建設工事受注高は84兆5,228億円(前年度比8.8%増、前々年度比11.4%増)と、業界全体として受注拡大傾向となっている(表1)。

建設業企業の倒産件数も2016年上半期825件にとどまり、8年連続で減少している(東京商工リサーチ調べ)。

一方で、技能労働者を中心とした人材不足は引き続き解消されておらず(平成22年504万人、平成27年500万人でほぼ横ばい)、労務費単価も上昇傾向が続いている。こうした人材不足解消・人材確保の手段としてM&Aを活用するケースが、建設業界のM&A買収ニーズの大きな要因となっている。

【次のページ】 後継者不在率は70%超

レポート

関連のM&Aニュース

飛鳥建設<1805>、潜水工事のノダックと関連会社を子会社化

大和ハウス工業<1925>、駐車場関連のテクニカル電子<6716>にTOB実施し完全子会社化へ

夢真ホールディングス<2362>、データサービス会社を譲渡

大和ハウス<1925>の子会社、豪州の戸建住宅建設会社を子会社化

大和ハウス工業<1925>、アッカ・インターナショナルを子会社化

大林組<1802>、大林道路<1896 >をTOBにより完全子会社化へ

夢真ホールディングス<2362>、Keepdataを子会社化

トヨタホーム<7203>、ミサワホーム<1722>と資本業務提携契約の締結並びに同社株式に対して公開買付及び第三者割当増資の引き受けを発表

夢真ホールディングス<2362>、IT教育事業会社日本サード・パーティ<2488>を公開買付け

夢真ホールディングス<2362>、AIサポートデスクシステム提供会社と資本業務提携へ

夢真ホールディングス<2362>、ビットコイン取引所運営会社と資本業務提携へ

夢真ホールディングス<2362>子会社による、建築系資格取得講習会事業の譲受け

夢真ホールディングス<2362>と夢テクノロジー<2458>、Fintech事業分割会社を子会社化

夢真ホールディングス<2362>、BuzzBoxよりエンジニア採用・海外人材活用支援事業を譲受け

夢真HD<2362>、介護事業子会社と住宅建築子会社を売却。

大和ハウス工業<1925>、株式交換により大和小田急建設<1834>を完全子会社化

夢真ホールディングス<2362>、再生手続中の岩本組による新設分割設立会社を子会社化。

大和ハウス工業<1925>、ダイヨシトラスト<3243>の株式に対する公開買付けを発表。

大和ハウス工業<1925>、フジタを子会社化。

夢真ホールディングス<2362>、フルキャストテクノロジー<2458>の株式に対する公開買付が終了

夢真ホールディングス<2362>、フルキャストテクノロジー<2458>に公開買付を開始

夢真ホールディングス<2362>フルキャストホールディングス、フルキャストテクノロジー<2458>の公開買付で合意

大林組<1802>、カナダ建設会社「ケナイダン社」株式を取得

夢真ホールディングス<2362>、ユニテックソフトを子会社化

ミサワホーム<1722>による東北ミサワホーム<1907>及びミサワホーム北海道<1761>に対する公開買付が完了

ミサワホーム<1722>、東北ミサワホーム<1907>の株券に対する公開買付を実施

ミサワホーム<1722>、北海道ミサワホーム<1761>の株券に対する公開買付を実施

ミサワホーム<1722>、穴吹ミサワホームを完全子会社化

夢真ホールディングス<2362>、第三者割当増資引受によりアークウィズを子会社化

NEXT STORY

ソフトバンクのARM買収

ソフトバンクのARM買収

7月に発表されたソフトバンクによる英国ARMホールディングスの買収額は3.3兆円と英国最大の買収劇となり、未だ話題となっている。今回は闇株新聞のARM買収記事をご紹介したい。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344