menu
Social media

​2017年第4四半期 TOBプレミアム分析レポート

Cover e897bb60 dd1f 42b8 a361 c7f89f52d2f5

1.2017年4QのTOB総評

TOB件数(累計)は公表ベースで44件と前年 (48件)と微減。2017年は第2四半期及び第3四半期は件数が大きく減少したため、第4四半期に件数が大幅に上昇するも全体としては微減となった。

◆1000億円を超える案件が3件と前年(1件)よりも増加、今期はCKホールディングスによるカルソニックカンセイの買収(3400億円)が大きかったことや1500億円規模の買収が他に2件あったため、成立金額ベースでは1兆4054億円(進行中の案件は買い付け予定数で計算して集計)と前年よりも大きく増加している。平均金額も312億円となっており、前年の121億円に比して増加している。

MBO案件が件数ベースで5件と全体の11.1%となり、前年よりMBO件数は増加した。

◆第4四半期のプレミアムは、34.17%に増加している 。年間のポジティブプレミアムの平均値は34.9%と傾向に大きな変化は見られないが、分布で見た場合には、ディスカウントプレミアムの案件が前年より増加傾向にある。

(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3ヶ月平均株価としている。
(注)ソレキアは最終成立分のみを1件として計上した。

2.TOB件数の推移(2007-17年)

過去10年間のTOB件数推移(2007-17年)
株式会社ストライク調べ

・件数は公表ベースで18件と前年同期(14件)比で4件増加。
・累計では44件と前年(48件)比で微減。

3.TOB総額の推移(2006-17年)

TOB総額推移(2006-17年)
株式会社ストライク調べ

・2006年~2017年までの公開買付案件の成立金額の年度別合計
・集計は開始年度ごとで金額は成立金額ベース
・進行中の案件は買付予定数に買付価額を乗じて算出している

株式公開買付(TOB)・MBO

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344