menu
Social media

ビジネス

2018年は住宅建築業界でM&Aが加速する

Cover bbf0fd27 596a 4859 af07 19a57da3f724
Photo by RRice

4カ月連続の住宅着工減

 国土交通省が2017年11月30日に発表した建築着工統計調査によると、同10月の新設住宅着工戸数は前年同月比4.8%減の8万3057戸と、4カ月連続で減少した。賃貸・分譲ともに前年同月比4.8%減と振るわず、賃貸は5カ月連続、分譲は2カ月の減少となっている。賃貸は相続税の節税目当ての新築物件が減少、分譲は大規模物件の落ち込みからマンションが16.9%も減少したのが響いた。

 相続税対策の賃貸物件については、供給過剰による空室率の上昇や、一括借り上げを行うサブリース会社とオーナーとの賃料トラブルが大きく報じられるといった悪材料から着工が頭打ちに。一方、マンションは地価高騰などで分譲価格が上昇した結果、都心部で大型案件が着工しにくい状態になっている。

M&Aで逆風に対抗

 今後も人口減少による需要減や空き家・空室増に伴う家賃の下落、人手不足による建築コスト増、さらには日本銀行の金融緩和策の是正に伴う金利上昇などのマイナス要素が目白押しで、住宅建築業界にとっては逆風になりかねない状況が続く。その対応策としてM&Aが進みそうだ。

 桧家ホールディングス<1413>は2018年1月1日付で桧家住宅、桧家住宅北関東、桧家住宅東京、桧家住宅上信越、桧家住宅東北の連結子会社5社を統合する。この5社はいずれも木造注文住宅事業を手がけており、合併による営業政策の統一や経営資源の集約・再配置などを通じて事業効率と収益性の向上を目指す。上位メーカーでは、すでに2017年1月にトヨタホームがミサワホーム<1722>への出資比率を引き上げて子会社化している。

業界動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【M&Aインサイト】デラウェアLPSの法人該当性に関する最高裁判決がファンド実務に与える影響

【M&Aインサイト】デラウェアLPSの法人該当性に関する最高裁判決がファンド実務に与える影響

東京、大阪、名古屋の各高裁レベルでは判断が割れていた外国法に基づいて設立された事業体が「法人」に該当するか否かについて、最高裁は、本年7月17日、デラウェア州の改正統一リミテッド・パートナーシップ法(「州LPS法」)を準拠法として組成されたLPSが我が国の租税法上の「法人」に該当すると判断した。今回は税務当局側が、損益通算を認めなかった事案を紹介する。


注目の記事