ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

2017年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

alt

公開日:2017年7月17日

2017年2Q TOBプレミアム分析レポート

1.総評

TOB件数は公表ベースで7件と前年同期(11件)比で減少した(表1)。
◆当四半期では主に興和による丸栄のTOB、パナソニックによるパナホームのTOB及び大林組による大林道路のTOBが行われた。
◆当四半期の総プレミアムの平均値は7.9%となっている。なお、50%を超えるプレミアムのTOBはゼロ(0件)であった(表2)(表3)(表4)。

2.TOB件数の推移

TOB件数は公表ベースで7件※と前年同期(11件)比で減少した。

表1:TOB件数の推移(公表日ベース)

NEXT STORY

​2017年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

​2017年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

2017/04/17

2017年第1四半期TOBプレミアム分析レポートを公開。ソレキアの3ヶ月平均株価に対するプレミアムは、174.75%(佐々木ベジ氏)、111.86%(富士通)に。