M&A速報

カイカ<2315>、eラーニングのアイスタディ<2345>をTOBで子会社化

2019/03/12

カイカは12日、eラーニング事業を手がけるアイスタディ(東証2部)の子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。株式を追加取得し、現在、19.92%の持ち株比率を約57%に引き上げる。具体的にはアイスタディの筆頭株主であるブイキューブが保有する株式約41%のうち約37%についてTOBに応募することで合意している。アイスタディの上場は維持する予定。

アイスタディ株の買付価格は1株850円で、TOB公表前日の終値925円に対して8.11%のディスカウントとした。買付予定数の147万5000株については筆頭株主のブイキューブが応募を表明している。買付価格は12億5375万円。買付期間は2019年3月13日~4月11日。決済の開始日は4月17日。

アイスタディは1997年に設立し、eラーニングや社員のスキル・資格取得状況の管理システムなどを主力事業とする。2002年に東証マザーズに、2014年に東証2部に上場した。

カイカは2017年にアイスタディと資本・業務提携。eラーニングにおけるフィンテック関連の研修コンテンツの共同制作などに取り組んできた。

関連の記事

【2020年】電通・東芝機械・アマダ…こんなにあるよ、社名変更!

【2020年】電通・東芝機械・アマダ…こんなにあるよ、社名変更!

2020/01/01

社名変更は企業にとって新たな飛躍を期した一大イベント。今年もすでに20社を超える上場企業で社名変更が予定されている。その顔ぶれとは?

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

2018/09/20

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

【2018年1月  M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

【2018年1月 M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

2018/02/03

M&A関連の企業発表が2018年も1月早々から連日続いている。このうち経営権の取得を伴う買収・子会社化の案件は東証の「適時開示」ベースで44件(M&A Online編集部集計)。6000億円超の大型M&Aや、買収資金の一部に仮想通貨を充てるレアなケースもあった。

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

2018/01/31

無料の通話やメールが楽しめるアプリを手がけるLINEが仮想通貨事業に参入する。多くの若者が利用するアプリ内で仮想通貨のやりとりできるようになると、利用者は一気に増えそうだ。同分野への参入企業が増えれば、M&Aも表面化しそう。

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

仮想通貨とは...eワラント証券買収でM&A資金に充てる例も

2018/01/30

仮想通貨とは紙幣や硬貨は存在せず、パソコンやスマートフォンなどを用いて物の売買ができる通貨。発行や流通などに国家や企業は関わっておらず、無料か格安の手数料で送金できるというメリットがある。M&A資金に充てる例も出てきた。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア