menu
Social media

2016年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover aa003f42 c57f 4a20 a2eb 1ce57061ade4

1. 総評

◆TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(10件)比で増加した(表1)。

◆当四半期では主に富士通<6702>がニフティを公開買付し、10,267百万円を投じた結果、所有割合が66.59%から96.74%となった。また、ハウス食品グループ<2810>がギャバンを公開買付し、6,252百万円を投じた結果、所有割合が15.9%から98.61%となった。大崎電気工業が連結子会社である大崎エンジニアリングを業績回復を目的に公開買付したが、大崎エンジニアリングの株価が低迷していたこともあり、116.8%という高いプレミアムの取引となっている(表2)。

◆当四半期の総プレミアムの平均値は34.68%となっている。ディスカウントTOBは行われなかった。なお、株価が上昇した水準を保っていることから、50%を超えるプレミアムのTOBの割合は引き続き低い割合となっている。(表3) (表4)。

(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3ヶ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

◆表1

※TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(10件)比で増加

株式公開買付(TOB)・MBO

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

富士通<6702>、携帯端末事業をポラリスに売却

富士通<6702>、富士通ビー・エス・シー<4793>を完全子会社化

ハウス食品グループ<2810>、「マロニー」を買収

ジェイテクト<6473>、富士機工<6702>をTOBにより完全子会社化

デンソー<6902>、富士通<6702>の子会社を買収

タチエス<7239>、富士機工<6702>のシート事業を買収

富士通<6702>、ソレキア<9867>に対する公開買付けの買付け条件等の変更に関するお知らせ

富士通<6702>、ソレキア<9867>の公開買付価格を5,000円に変更

富士通<6702>、ソレキアに対する公開買付けの買付け条件等の変更に関するお知らせ

富士通<6702>、ソレキア<9867>に対する公開買付け開始 佐々木ベジ氏に対抗

壱番屋<7630>、中国・台湾のカレーハウス CoCo壱番屋をハウス食品グループ本社<2810>より譲受け

富士通<6702>、デンソー、トヨタ、富士通テンの資本構成変更に向け基本合意へ

ハウス食品グループ本社<2810>、ギャバン<2817>を完全子会社にするため公開買付けへ

富士通<6702>、ニフティ<3828>を完全子会社にするため公開買付けへ

ハウス食品グループ本社<2810>、壱番屋<7630>を公開買付けへ

富士通<6702>、PFUを株式交換により完全子会社化

NEXT STORY

「TOBってなあに? もうかるの?」

「TOBってなあに? もうかるの?」

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344