menu
Social media

ビジネス

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

Cover 7f54c738 55aa 4cdd 8b49 693d6d0f415f

2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017年4月〜6月に発表されたM&A案件から抜粋してご紹介します。
記事は公表時点のものです。

公開月企業名業種概要
2017年4月 ウエルシアホールディングス 調剤薬局・ドラッグストア ウエルシアホールディングスは、青森県を中心にドラッグストア64店舗及び調剤薬局8店舗の運営を行う丸大サクラヰ薬局(売上高207億円、営業利益8億円、純資産40億円)の全株式を取得し完全子会社化する。ウエルシアは、丸大サクラヰ薬局を子会社化することで、東北地方における事業基盤をおり強固なものとするととともに、相互のノウハウ共有により一層の経営の効率化を図っていく。株式取得価額は145億円。
2017年4月 ニトリホールディングス家具製造小売 家具・インテリア製造小売等を展開するニトリホールディングス<9843>は、中古住宅の再生販売事業・不動産賃貸事業等を展開するカチタス(売上高393億円、営業利益38億円)の株式を取得し(所有割合:34%)、持分法適用会社化及び業務提携契約を締結する。ニトリは2007年からリフォーム事業に参入しており、リフォーム事業におけるシェア拡大のスピードアップを図る。株式取得価額は233億円。
2017年4月 ジェイテクト 自動車部品 ステアリング、自動車用駆動部品、軸受、工作機械等のメーカーであるジェイテクト<6473>は、持分法適用関連会社(所有割合:33.49%)であり、ステアリングやシート等の自動車部品メーカーである富士機工の普通株式を公開買付により取得する。ジェイテクトは富士機工の完全子会社化を目的としており、富士機工はTOB後に上場廃止となる予定。両社は、本TOBにより生産・調達ラインの効率化によるコストダウンや、協働関係をより強固にすることを目的としている。買付価額は1株当たり740円で、前日終値に対し22.72%のプレミアム。買付総額は260億円。
2017年5月 日本KFCホールディングス飲食・フードサービス ケンタッキーフライドチキンやピザハットを展開する日本KFCホールディングス<9873>は、連結子会社である日本ピザハット(売上高143億円、営業利益1億円、純資産6億円)及びフェニックス・フーズ(売上高5億円、営業利益△800万円、純資産:1千万円)の全株式を、投資ファンドであるエンデバー・ユナイテッドグループに譲渡する。日本KFCホールディングスは、エンデバー・ユナイテッドの事業投資における専門性を活用することでピザハットブランドの価値の最大化を実現できるとしている。株式譲渡価額は非公表。
2017年5月 澤田ホールディングス 金融・保険 澤田ホールディングス(旧社名:エイチ・エス証券)<8699>は、キルギス共和国に本店を置く銀行であるキルギスコメルツ銀行の株式52.9%を取得し子会社化する。キルギスコメルツ銀行は、カード事業やネットバンキングを推進するための優れたIT基盤を有している。本取引により、キルギスコメルツ銀行はキルギス共和国における「最も便利で信頼できる先進的な銀行」に成長することを目指し、融資業務及び外国為替業務の強化、カード事業の更なる推進そして新たな金融商品・金融サービスの提供等を積極的に行う予定。株式取得価額は8億円。
2017年5-6月 フリージアマクロス(佐々木ベジ氏)    電子部品商社 フリージアマクロス<6343>の会長である佐々木ベジ氏が事前通告なく独立系電子部品商社のソレキアに対し、株式公開買付けTOB)を開始。富士通<6702>とのTOB合戦の結果、285,499株(議決権割合33.69%、取得価額は15億円)を取得。5月30日付で佐々木ベジ氏がソレキアの筆頭株主となった。その後、フリージアマクロスは、佐々木ベジ氏との間で平成29年6月29日にソレキア株式26,500株(議決権比率にして 3.06%)、平成29年6月30日にソレキア株式118,400株(議決権比率にして 13.65%)を取得する旨の株式譲渡契約を締結。ソレキア株式を追加取得することによりソレキアを持分法適用関連会社とすることに経済合理性があると判断した。株式取得価額は7億円。
2017年6月 ヒト・コミュニケーションズ 人材サービス 人材派遣やアウトソーシング事業を展開するヒト・コミュニケーションズ<3654>は、EC業務支援サービス、TVショッピング支援サービスを行うビービーエフ(売上高275億円、営業利益8億円、純資産17億円)の発行済株式の60%をブロードバンドタワーより取得し子会社化する。ヒト・コミュニケーションズは、EC支援のノウハウを活かし、事業領域の更なる拡大や越境ECにおけるECサービス事業等の拡大を図る。株式取得価額は43億円。
2017年6月 タカタ エアバッグ・チャイルドシート製造 エアバッグ・シートベルト・チャイルドシートなどを製造するタカタは、民事再生手続開始の申し立てを行った。さらに、同社の連結子会社であるタカタ九州及びタカタサービスにかかる民事再生手続き開始の申し立て並びに海外子会社12社にかかる米国連邦倒産法第11章に基づく再生手続き開始の申し立てを行った。上記の各再生手続き開始の申し立てに先立ち、米国に本社を置く自動車部品メーカーであるキー・セイフティー・システムズとの間でタカタが全世界で保有する実質的に全ての資産及び事業を同社へ譲渡する旨の基本合意に至った。譲渡価額は総額1,750億円。
2017年6月 ユニー・ファミマ 飲食・フードサービス ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>は、関連会社(議決権所有割合25.63%)であるカネ美食品<2669>(売上高882億円、営業利益5億円、純資産269億円)の株式を取得し、同社を子会社化(議決権所有割合52.47%)する。カネ美食品は、寿司・揚物・惣菜等の小売店舗の展開及びコンビニエンスストア弁当の製造を行っている。本件子会社化により、両社が持つノウハウを共有し、製造過程の見直し等の協業を行い、中食商品の品質向上により、中食売上の拡大を図ることでグループ全体の更なる収益力向上が見込めるものと考えている。株式取得価額は87億円。

本記事は、経営者のためのM&A情報誌SMART vol.23号を基に再編集しております。

関連記事
【まとめ】2017年1月~3月に発表された 主要なM&A案件
M&Aで振り返る2016年 大型買収、再編の当たり年に

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


関連のM&Aニュース

ファミマのユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>、コンビニエンスストア弁当製造業を子会社化

フリージア・マクロス<6343>、ソレキアを持分法適用関連会社化へ

ヒト・コミュニケーションズ<3654>、ビービーエフを子会社化

澤田ホールディングス<8699>、キルギスコメルツ銀行の株式を取得

日本KFC<9873>、ピザハットを投資ファンドへ売却

ジェイテクト<6473>、富士機工<6702>をTOBにより完全子会社化

ニトリ<9843>、カチタスの株式取得及び業務提携

澤田HD<8699>、企業再生した子会社の不動産会社を中国平安グループへ譲渡

ファミリーマート<8028>、ミツウロコグループホールディングス<8131>へココストアリテールを譲渡

ファミリーマート<8028>、ミツウロコグループホールディングス<8131>へ「RICマート」チェーン本部を譲渡

澤田ホールディングス<8699>、インデックスを子会社化

ファミリーマート<8028>とユニーグループHD<8270>、経営統合へ

ファミリーマート<8028>、コンビニストアチェーンを子会社化

ファミリーマート<8028>とユニーグループHD<8270>、経営統合の合意を発表

フリージア・マクロス<6343>、地中掘削用機器メーカー2社を買収。

ヒト・コミュニケーションズ<3654>が関西の老舗観光人材サービス会社のティーシーエイを買収。

エイチ・アイ・エス<9603>、九州産業交通ホールディングスの株券に対する公開買付を開始。

ヒト・コミュニケーションズ<3654>、ボイスエンタープライズを子会社化。

ファミリーマート<8028>、シニアライフクリエイトを子会社化。

ポケットカード<8519>株式交換によりファミマクレジットを完全子会社化

ファミリーマート<8028>、エーエム・ピーエム・ジャパンを子会社化

ファミリーマート<8028>、エーエム・ピーエム・ジャパンの株式取得を延期

ファミリーマート<8028>、エーエム・ピーエム・ジャパンを子会社化

NEXT STORY

決済処理サービスにメガ事業者が誕生 -米バンティブ、同業の英大手を買収-

決済処理サービスにメガ事業者が誕生 -米バンティブ、同業の英大手を買収-

米決済処理サービスのバンティブは、英ワールドペイを買収する。買収額は93億ポンド(約1.37兆円)となる見込み。買収が実現すれば、時価総額200億米ドル(約2.3兆円)を超える決済処理のガリバーが誕生することになる。


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb d07ecd1a c9b5 4c50 b95a c13f0b606f3b