技術マニュアル作成などを主力とするシイエム・シイはは、AI(人工知能)開発のシミュラティオ(横浜市)が実施する第三者割当増資の引き受けにより、株式を追加取得し、子会社化した。株式の所有割合は従来の24.8%から64.7%となった。

シミュラティオは国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)発のベンチャー企業。シイエム・シイは2017年11月にAIを活用したコンテンツビジネスを推進するため、同社株式を一部取得し関連会社とした。今回、グループ内でシミュラティオをR&D戦略の中核会社として明確に位置付けるため子会社化した。

取得価額は非公表。取得日は2018年1月19日。