東芝の非公開化、最大1株7000円で買収検討 実現すれば総額3兆円に

alt
2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon

東芝の非公開化、買収額1株最大7000円を検討 総額3兆円=関係者

[東京/香港 22日 ロイター] - 東芝に非公開化を提案しているファンドのうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者がロイターに明らかにした。22日の東芝終値を27%上回る価格で、実現すれば買収総額は3兆円になる。

東芝が5月末に締め切った経営再建策の募集には10件の1次提案があり、うち8件が非上場化に関する案で、残りの2件は上場維持を前提とした資本業務提携に関する案だった。

複数の関係者によると、非上場化の提案者は現在、買収金額を東芝株主と議論しており、最も高い検討額は1株7000円。別の関係者1人によると、提示額は幅広く、ばらつきも大きいほか、諸条件が付されているという。

複数の関係者によると、米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、香港のベアリング・プライベート・エクイティ・アジア、米ブラックストーン、米ベインキャピタル、カナダのブルックフィールド・アセット・マネジメント、MBKパートナーズ、米アポロ・グローバル・マネジメント、英CVCキャピタル・パートナーズが1次提案を提出した。複数のファンドが連合を組む可能性もあるという。

ロイターは各ファンドにコメントを求めたが、ベインとブルックフィールド、ベアリング、CVC、MBKは回答を控えた。他のファンドは現時点で連絡がついていない。

東芝は、提案の詳細は開示していないとメールで回答した。

複数の関係者によると、産業革新投資機構など日本のファンドのほか、複数の事業会社も参画を検討している。革新機構はコメントを控えた。

(山崎牧子、Kane Wu、Scott Murdoch 編集:Sumeet Chatterjee、久保信博)

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

東芝買収の最有力候補と目される産業革新投資機構(JIC)とは

東芝買収の最有力候補と目される産業革新投資機構(JIC)とは

2022-06-12

産業革新投資機構が東芝の買収を検討していると報じられています。名だたる投資ファンドが手を挙げたとされる中、日本の政府系ファンドであるJICが有力候補だとも言われています。それはなぜなのでしょうか?

関連のM&A速報