リコー、富士通スキャナー事業の買収予定日延期 公取委審査で

alt
REUTERS

リコー、富士通スキャナー事業の買収予定日延期 公取審査を考慮

[東京 16日 ロイター] - リコーは16日、富士通のスキャナー事業であるPFUの買収で、予定していた株式取得日を7月1日から延期すると発表した。公正取引委員会の審査時間を考慮したため。

今後、公正取引委員会より排除措置命令を行わない旨の通知を受領し、準備が整い次第速やかに取得するとした。4月に発表した買収額は840億円。取得日延期に伴う連結業績に与える影響は軽微としている。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

富士通撤退!なぜ「スキャナービジネス」は見放されたのか?

富士通撤退!なぜ「スキャナービジネス」は見放されたのか?

2022/05/03

個人向けスキャナーで業界をリードした富士通が、同事業から撤退する。同社がスキャナー事業を手がける完全子会社株の8割をリコーに譲渡すると発表したのだ。富士通はソフトシフトを進めており、家庭用スキャナーを非中核事業として手放すことにしたという。