三井物産、かんぽ生命と不動産運用分野で資本業務提携

alt
2022年 ロイター/Toru Hanai

[東京 10日 ロイター] - 三井物産は10日、かんぽ生命保険と不動産などのアセットマネジメント事業で資本業務提携すると発表した。9月末をめどに新会社を設立する。新会社の下でかんぽ生命が投資する私募不動産ファンドを新たに設立し、資産規模は数千億円を目指す。

新会社の設立に際して、三井物産は同社のアセットマネジメント事業子会社である三井物産リアルティ・マネジメントの発行済み株式を新会社に出資し、かんぽ生命は新会社の第三者割当増資を引き受ける。新会社への出資比率は、三井物産が51%、かんぽ生命が49%となる予定。

新ファンドではESG(環境・社会・企業統治)などをテーマに投資する。三井物産は、提携を機に、かんぽ生命との間でESG投資に関連するものを含む新たな運用会社の共同設立など、さらなる協業戦略についても協議するとしている。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

日本製鉄がトヨタとの知的財産訴訟で三井物産を巻き込んだ理由

日本製鉄がトヨタとの知的財産訴訟で三井物産を巻き込んだ理由

2022/01/31

日本製鉄が知的財産訴訟の「戦線」を拡大して1カ月が過ぎた。EVなどのモーターに使われる電磁鋼板の特許を侵害されたとして、中国の宝山鋼鉄とトヨタ自動車に続き三井物産を訴えた。なぜ訴えたのか?背景には三井物産とトヨタとの「深いつなかり」がある。

関連のM&A速報