「ビームス」「ユナイテッドアローズ」「アダストリア」が相次いで異色のコラボ

alt
写真はイメージです

アパレルメーカーのビームス(東京都渋谷区)、ユナイテッドアローズ<7606>、アダストリア<2685>の3社が相次いで異色のコラボに乗り出した。

ビームスは調味料の「味ぽん」を、ユナイテッドアローズはハンバーガーの「グリーンバーガー」を、アダストリアはアフリカ中部に生息する小型サル「ショウガラゴ」を題材にしたシャツやキャップなどを販売する。

アパレル業界はコロナ禍で厳しい環境下にあるが、対策が進み次第に回復傾向が見え始めてきており、コロナ後を踏まえ、需要喚起効果が見込めるこうしたコラボ商品が今後増えそうだ。

味ぽんの英語の頭文字をデザイン

ビームスは「味ぽん」を生産するMizkan(愛知県半田市)と協力し、芸術的なデザインをTシャツで表現するブランドであるビームスTから、Tシャツ3種(各2色6パターン)を2022年5月30日に発売する。

3人のデザイナーが「味ぽん」を再解釈したうえで、味ぽんの英語表記(Citrus Seasoned Soy Sauce)の頭文字の「CSSS」をあしらった。

当たり前で見失いがちな半径1メートルの幸せにアートの力で光を当てる「味ぽんアートプロジェクト」として取り組んだもので、味ぽんとアパレルとのコラボはこれが初めて。販売はビームスTを取り扱うビームスの店舗や、ビームスのオンラインショップなどで行う。

ニュースリリースより

子供用のTシャツ、キャップ、ナップザックを販売

ユナイテッドアローズは、ハンバーガーチェンのモスフードサービス<8153>と協力し、モスの「グリーンバーガー」や店舗のイラストをあしらった子供用のTシャツ、キャップ、ナップザックを、ユナイテッドアローズのブランドの一つであるユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングから5月18日に発売した。

題材となったグリーンバーガーは、原材料に動物由来のもの(肉、魚、卵、乳製品など)と、仏教などで食を禁じられている臭いの強い5種の野菜(ネギ、ラッキョウ、ニラ、ニンニク、タマネギ)を使用しないハンバーガーで、植物性たんぱく質や、グリーンリーフ、トマト、細切りレタス、緑色のバンズなどを用いて作った。

販売はユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングのキッズ取扱い店舗や、ユナイテッドアローズのオンラインショップで行う。

ニュースリリースより

フォロワー数は500万人以上

アダストリアはユーチューブやツイッターなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で話題のショウガラゴの「ピザトルくん」をあしらったシャツやキャップ、腕時計などを、同社のブランドであるniko and ...(ニコアンド)で、5月19日に発売した。

ピザトルは「ピザとる?」という意味で名付けられたペットで、愛くるしい仕草や困り顔が人気を集め、SNSの総フォロワー数は500万人以上に達する。販売は、ニコアンドの店舗と、オンラインストアなどで行う。

「調味料」「ハンバーガー」「サル」と組んだ変わり種商品の売れ行きは、いかに。

ニュースリリースより

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

女子プロゴルファー渋野選手がウェア契約するビームスとは

女子プロゴルファー渋野選手がウェア契約するビームスとは

2019-08-17

AIG全英女子オープンで優勝した女子プロゴルファー渋野日向子選手とウェア契約を結んでいるビームスが、全英優勝記念モデルとして発売したポロシャツの売れ行きが好調だ。ビームスとはどのような企業なのか。