遊べる本屋ヴィレッジヴァンガードが営業黒字化、店舗ごとの仕入削減が奏功か

alt
画像は2022年5月期第3四半期の決算説明資料より

遊べる本屋「ヴィレッジヴァンガード」やハンバーガーレストラン「ヴィレッジヴァンガードダイナー」を運営するヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>が、2022年5月期第3四半期に7,700万円の営業利益(前年同期は4億3,800万円の営業損失)を計上しました。

新型コロナウイルス感染拡大によるショッピングモールの一時閉鎖・営業時間短縮などの影響を受け、大赤字を出した前期から一転。早くも黒字化を実現しています。継続的な客数の減少、不採算店の閉鎖による売上高の減少を余儀なくされているものの、仕入・在庫コントロールを効かせて原価を抑制しています。

この記事では以下の情報が得られます。

・ヴィレッジヴァンガードの業績推移
・黒字化の要因

原価率を3.5ポイント低減

ヴィレッジヴァンガードはコロナ禍の2021年5月期第3四半期の売上高が前期比14.1%減少。2022年5月期第3四半期の売上高はそこから更に8.1%もの減少に見舞われています。コロナ前の2019年5月期第3四半期の売上高と比較すると22.8%の減少です。

■ヴィレッジヴァンガード業績推移(単位:百万円)

2018年5月期
第3四半期
2019年5月期
第3四半期
2020年5月期
第3四半期
2021年5月期
第3四半期
2022年5月期
第3四半期
売上高 25,577 25,209 24,671 21,196 19,481
前期比 95.4% 98.6% 97.9% 85.9% 91.9%
営業利益 462 332 112 -438 77
前期比 206.0% 71.9% 33.7% - -
営業利益率 1.8% 1.3% 0.5% - 0.4%

決算短信より筆者作成

※営業利益の目盛りは右軸

ショッピングモールや繁華街への出店が多いヴィレッジヴァンガードは、緊急事態宣言の影響を強く受けました。2020年5月は250店舗の休業を余儀なくされ、一時売上高は前年対比で20%を下回る水準まで低下しています。

※2020年5月期決算説明資料より

コロナを機に不採算店を閉鎖しました。2022年2月末時点の店舗数は320。2020年2月末と比較して20店舗減少しています。店舗を整理したものの、集客力はコロナ前の水準まで回復しておらず、2022年5月期第3四半期のヴィレッジヴァンガードの1店舗当たりの月商は680万円ほど。2020年5月期第3四半期の810万円から16.2%減少しています。

※ヴィレッジヴァンガードは2022年5月期第1四半期から「収益認識に関する会計基準」が適用されていますが、基準を前期と揃えた場合でも月商は710万円であり、大幅に減少していることには変わりありません。

※月商の目盛りは右軸(グラフは決算短信の数字をもとに筆者作成)

ヴィレッジヴァンガードは、1店舗当たりの稼ぐ力が著しく失われたため、原価を抑制して利益が出る体制へとシフトしました。2022年5月期第3四半期の原価率は59.4%。2020年5月期第3四半期と比較して3.5ポイントも下げています。収益認識の基準を合わせた場合の原価率も61.3%であり、1.5ポイント抑制しています。

決算短信より筆者作成

NEXT STORY

サブカル聖地の「ヴィレッジヴァンガード」不採算店を閉鎖

サブカル聖地の「ヴィレッジヴァンガード」不採算店を閉鎖

2019/06/23

ヴィレッジヴァンガード(Village Vanguard)の店舗数が2014年以降、年々減少している。売上高(単体)も2012年5月期の389億3,200万円をピークに2018年5月期は334億6,000万円にまで減少している。