東芝にとって「ラッキー」だった?臨時株主総会での2分割案否決

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
臨時株主総会で「東芝解体」は回避された(Photo By Reuters)

物言う株主の「仲間割れ」は東芝にとって巻き返しの好機

物言う株主が主導した「2分割案」が他ならぬ物言う株主からの反対で否決されたことから、物言う株主間の対立と混乱が明らかになった。臨時株主総会ではシンガポールの資産運用会社である3Dインベストメント・パートナーズが提出した東芝株の非公開化を求める株主提案も否決されるなど、物言う株主も一枚岩ではない。

物言う株主の足並みの乱れは、東芝にとっては有利な状況といえる。物言う株主の切り崩しに成功すれば、東芝の意向に沿った方向で経営再建を進めることも可能だろう...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

東芝の分割案と非公開化、米カルパースはどちらも反対

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/24
2022.03.24

24日の東芝臨時総会、ノルウェー政府ファンドが非公開化に賛成票

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/23
2022.03.23

米ファンド、親子上場を懸念 清水建設の日本道路TOBに延期を要請

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/22更新
2022.03.22

ノジマとスルガ銀、資本業務提携を解消

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/9
2022.03.09

アジア開発、東京機械株式を読売新聞に譲渡

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/3/2
2022.03.02

オムロン、JMDCと資本業務提携 ノーリツ鋼機から株式取得

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/2/25
2022.02.25

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5