M&A速報

ポケットカード<8519>、クレジットカード業のファミマクレジットを完全子会社化

2011/02/21

ポケットカード、ファミマクレジット(東京都豊島区)、伊藤忠商事、ファミリーマート、三井住友銀行の5社は、ポケットカードとファミマクレジットを経営統合することで合意したと発表した。2011年3月31日にポケットカードを完全親会社、ファミマクレジットを完全子会社とする株式交換を実施し、2012年度中をめどに両社の合併を検討する。

クレジットカード業界では個人消費の低迷で成長率が鈍化しているほか、貸金業法や割賦販売法の改正に伴い厳しい事業環境が続いている。ポケットカードとファミマクレジットの提携関係をさらに発展・強化することで持続的な企業価値の向上を目指す。株式交換の対価は現金で、ファミマクレジットの株主に対し1株当たり3万5821円の金銭を交付する。取得価額は42億6000万円。

ファミマクレジットは現在、伊藤忠商事が32.46%、ファミリーマートが30.10%の株式を所有しており、ポケットカードも11.12%を所有している。今回の経営統合の一環としてポケットカードは同日付で、伊藤忠商事、伊藤忠エネクス、ファミリーマートの3社を引き受け先とする第三者割当増資を実施する。また、三井住友銀行はプロミスが保有するポケットカード株式の全てを取得、また伊藤忠商事は伊藤忠ファイナンスが保有するポケットカード株式の全てを取得する。これら一連の取引により、伊藤忠商事、ファミリーマート、三井住友銀行は、それぞれがポケットカードを持ち分法適用関連会社とする。

ポケットカードとファミマクレジットは従来からの戦略的パートナーである伊藤忠グループの事業基盤を活用し、一層の事業拡大を目指す。また、各種クレジットカード業務の効率化、両社の基幹システムの統合によるシステム運営の効率化などを図るとともに、メインバンクである三井住友銀行からの多様な調達手段の提供を通じた調達コストの低減などにより、経営体質の一層の強化を図る。

M&Aデータベース

関連の記事

2020年第3四半期 TOBプレミアム分析レポート

2020年第3四半期 TOBプレミアム分析レポート

2020/10/22

TOB件数は前年同期よりも3件、今第2四半期よりも3件多い12件。第3四半期としては2010年以降の11年間では2011年の21件、2016年の14件に次ぐ3番目(2010年、2018年と同件数)の水準だった。第1-3四半期累計では36件。

【パン・パシフィックHD 】「虎穴に入り虎子を得た」抜群のM&Aセンス

【パン・パシフィックHD 】「虎穴に入り虎子を得た」抜群のM&Aセンス

2020/10/08

「ドン・キホーテ」を展開する国内ディスカウントストア業界の最大手であり、市場シェアの約半分を占めるパン・パシフィック・インターナショナルHD 。もはや同業種で同社を脅かす者は存在しないと言っていいだろう。その原動力となったのが「M&A」だ。

【ファミリーマート】今は伊藤忠傘下だが、かつての親会社ってどこ?

【ファミリーマート】今は伊藤忠傘下だが、かつての親会社ってどこ?

2020/07/23

ファミリーマートが株式市場から“退場”する。親会社の伊藤忠商事がTOBで完全子会社化するためだ。ファミマが株式上場したのは1987年にさかのぼるが、その当時から伊藤忠の傘下にあったわけではない。ファミマの産みの親となった企業とは?

新型コロナ対策向け募金に広がり、BリーグとTリーグが参画

新型コロナ対策向け募金に広がり、BリーグとTリーグが参画

2020/04/17

新型コロナウイルス感染拡大に伴って、募金活動が目を引くようになってきた。新型コロナウイルスとの闘いが長期戦になる可能性が高まりつつあるため、医療機関や子育てを金銭面で支援しようというのが活動の目的だ。

希望退職者募集、2月すでに5社|新型肺炎の直撃も

希望退職者募集、2月すでに5社|新型肺炎の直撃も

2020/02/25

希望退職者の募集に踏み切る上場企業の列が途切れない。先週末、特殊印刷のNISSHAが250人規模での募集を発表した。2月に入り、希望退職の計画を発表したのは東芝機械、シチズン時計、サッポロホールディングス、ラオックスに続き5社となった。

【希望退職者募集】2019年は3倍増の36社、8000人を超える

【希望退職者募集】2019年は3倍増の36社、8000人を超える

2020/01/08

2019年中に希望(早期)退職者の募集を発表した上場企業は30社を突破した。M&A Online編集部が調べたところ、少なくとも34社に上り、前年のほぼ3倍に急増した。削減規模も8000人を超える。

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

伊藤忠のファミマ子会社化、星はどう見る?|ビジネスパーソンのための占星術

伊藤忠のファミマ子会社化、星はどう見る?|ビジネスパーソンのための占星術

2018/11/07

2018年8月、伊藤忠商事はそれまで持分法適用会社だったユニー・ファミマHDを子会社化しました。その判断は果たして正しかったのでしょうか?伊藤忠とユニー・ファミマHDの相性を占星術的視点から柳川隆洸氏が読み解きます。

販売権を鞍替え!カルピス、伊藤園による『エビアン』の販売権取得

販売権を鞍替え!カルピス、伊藤園による『エビアン』の販売権取得

2017/11/25

『エビアン』は、フランス・ダノン社のミネラルウォーターのブランド。エビアン近郊、カシャ水源で採取され、ボトル入りの硬水ミネラルウォーターとしては、世界130か国を超える国々で愛飲されている最も有名なブランドの一つである。その歴史は、いまから約240年前、まさしくフランス革命期の1780年代にまでさかのぼる。

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年7月-9月に発表された 主要なM&A案件

2017/11/06

2017年7月-9月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017/10/09

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【ユニー・ファミリーマートホールディングス】コンビニ2位浮上、収益力に課題も

【ユニー・ファミリーマートホールディングス】コンビニ2位浮上、収益力に課題も

2017/02/07

ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが合併し、2016年9月に発足したユニー・ファミリーマートホールディングス。コンビニ店舗数でローソンを上回る業界2位に浮上した。しかしブランド統合に不安の声も聞かれるなど課題も多い。

どうにも不可解な「さが美」のTOB

どうにも不可解な「さが美」のTOB

2016/10/24

ユニーグループが保有するきものの「さが美」の全株式を投資ファンドのアスパラントグループに売却すると発表。同じく投資ファンドのニューホライズンキャピタルからも買収提案を受けたことから買収合戦になるかと思われたが・・・

コンビニ 統合の歴史を整理してみました

コンビニ 統合の歴史を整理してみました

2016/10/16

ファミリーマートとサークルKサンクスの経営統合により、コンビニ業界の大きな再編の動きは、ひとまず落ち着いたようです。本日は、コンビニの合従連衡の歴史についてまとめた記事をご紹介します。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5