menu
Social media

2012年第3四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover 830f286a 34ee 40c8 baf4 87a0c658977c

1. 総評

TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(21件)比で減少した(表1)。
◆大型のTOBは、J.フロントリテイリングによるパルコに対するTOB(424億円)、ソニーによるソネットエンタテインメントに対するTOB(548億円)であった。パルコについては、主要株主であるイオンがTOBに応じなかった。
ニッシン債権回収のTOBでは大株主を対象とした第1回のTOB、一般株主を対象として第2回TOBと二段階のTOBが実施された(表2)。
◆ポジティブプレミアムの平均値は54.0%で傾向に大きな変化は見られない(表3)。分布で見ても大きな変化はない(表4)。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

※TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(21件)比で減少。
※ニッシン債権回収は第1回と第2回を合わせて1件としている。

3. 2012年第3四半期の主なTOB
◆表2

2012年10月29日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額(百万円)
2012.7.5 パルコ J.フロント リテイリング 成立 1,100 779 41.21% 42,375
2012.7.20 ニッシン債権回収 (第1回) Fortress Investment Group LLC(米) 成立 442 457 -3.28% 621
2012.7.20 ニッシン債権回収 (第2回) Fortress Investment Group LLC(米) 成立 575 457 25.82% 99
2012.8.9 ソネットエンタテインメント ソニー 成立 567,500 305,568 85.72% 54,770

3. 買収プレミアム(TOB)の推移


4. 買収プレミアム(TOB)の水準

※総プレミアム平均の推移48.0%(2008)→ 55.6%(2009)→ 41.7%(2010)→ 51.2%(2011) →49.8%(2012・3Q)
※ポジティブプレミアム平均の推移54.6%(2008)→ 63.8%(2009)→47.4%(2010)→ 54.9%(2011)→55.0%(2012・3Q)

資料提供:株式会社ストライク

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

 2013年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

注目の記事

Thumb cd1f2000 535d 421c 8b7a 2313d2ab08a5

【ソニー】海外メディアも注目。音楽市場で繰り広げるリカーリング型事業

ソニー<6758>が、仏音楽会社ビリーブデジタルを400~500 億円で買収する方向で最終調整に入った。今回の買収で対象となった仏音楽会社のビリーブデジタルは主にインディーズ(独立系)の楽曲をインターネット配信大手に配給している。

Thumb 267db93a 7fee 4545 a567 b7e582b16d54
Thumb 9736abcb 9e5a 4869 979c 594e24829570
Thumb bf627116 d3d5 4566 9e38 9e659ddb6749