menu
Social media

2012年第3四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover 830f286a 34ee 40c8 baf4 87a0c658977c

1. 総評

TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(21件)比で減少した(表1)。
◆大型のTOBは、J.フロントリテイリングによるパルコに対するTOB(424億円)、ソニーによるソネットエンタテインメントに対するTOB(548億円)であった。パルコについては、主要株主であるイオンがTOBに応じなかった。
ニッシン債権回収のTOBでは大株主を対象とした第1回のTOB、一般株主を対象として第2回TOBと二段階のTOBが実施された(表2)。
◆ポジティブプレミアムの平均値は54.0%で傾向に大きな変化は見られない(表3)。分布で見ても大きな変化はない(表4)。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

※TOB件数は公表ベースで11件と前年同期(21件)比で減少。
※ニッシン債権回収は第1回と第2回を合わせて1件としている。

3. 2012年第3四半期の主なTOB
◆表2

2012年10月29日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額(百万円)
2012.7.5 パルコ J.フロント リテイリング 成立 1,100 779 41.21% 42,375
2012.7.20 ニッシン債権回収 (第1回) Fortress Investment Group LLC(米) 成立 442 457 -3.28% 621
2012.7.20 ニッシン債権回収 (第2回) Fortress Investment Group LLC(米) 成立 575 457 25.82% 99
2012.8.9 ソネットエンタテインメント ソニー 成立 567,500 305,568 85.72% 54,770

3. 買収プレミアム(TOB)の推移


4. 買収プレミアム(TOB)の水準


※総プレミアム平均の推移48.0%(2008)→ 55.6%(2009)→ 41.7%(2010)→ 51.2%(2011) →49.8%(2012・3Q)
※ポジティブプレミアム平均の推移54.6%(2008)→ 63.8%(2009)→47.4%(2010)→ 54.9%(2011)→55.0%(2012・3Q)

資料提供:株式会社ストライク

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


株式公開買付(TOB)・MBO

NEXT STORY

 2013年第1四半期TOBプレミアム分析レポート

注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333