M&A速報

ヒト・コミュニケーションズ<3654>、西日本旅客鉄道<9021>孫会社の観光人材サービス会社を子会社化

2014/10/02

(株)ヒト・コミュニケーションズ(以下「ヒト・コミュニケーションズ」)は、添乗員派遣事業を営む(株)ジャッツ(売上高12億9000万円、営業利益4650万円、純資産3億600万円、以下「ジャッツ」)の発行済株式65%を取得し、子会社化することを発表した。

関東・東北を基盤に国内外問わず優秀な添乗員等を数多く抱える老舗観光人材サービス会社のジャッツを子会社化することで、手薄であった東北エリア並びに日本最大のマーケットである関東エリアにおいて両社の強みを生かした営業基盤の強化を図ることが出可能となる他、従来の旅行添乗業務に留まらず、今後更なる増加が見込まれる訪日外国人旅行者や2020年の東京オリンピック開催に向けて行われる各種スポーツ国際大会・国際会議等に対応する通訳案内士・ガイド等広義の観光分野への対応力を強化できるとしている。

株式取得価格は非公表。

株式取得予定期日は2014年10月14日。

M&Aデータベース

関連の記事

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

2021/04/06

大企業の不動産売却が進んでいる。新型コロナウイルス感染症拡大による業績不振によりやむなく手放すケースが目立つが、一方で業績とは関係なく不動産を売却する動きも出てきた。大企業の自社不動産に対する「行動変容」が起こりつつあるようだ。

もはや単独で生き残りは無理…JR四国の未来「三つの選択肢」

もはや単独で生き残りは無理…JR四国の未来「三つの選択肢」

2020/09/03

JR四国の経営がいよいよ行き詰まってきた。会社発足時から一度も営業黒字になったことはなく、今後も業績が黒字化する見込みはない。新型コロナウイルス感染症拡大で業績が悪化、同社の存続に「赤信号」が点灯した格好だ。JR四国の未来はどうなるのか?

JR西日本が自社路線のない地域で「ICOCA」を普及する理由

JR西日本が自社路線のない地域で「ICOCA」を普及する理由

2019/10/06

西日本旅客鉄道(JR西日本)は子会社のJR西日本テクシアと共同で、同社が提供する交通系ICカード「ICOCA」のローカル私鉄やバスといった地域交通での利用促進に取り組む。しかも、自社路線が存在しない過疎地でだ。なぜJRが走らない地域なのか?

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017/10/09

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【M&Aインサイト】コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の最新事例

【M&Aインサイト】コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の最新事例

2017/09/26

従来のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)といえば、通信やIT業界が活用しているイメージがあったが、ここ1、2年の間に新聞、不動産、鉄道など、かつてはベンチャー投資とは無縁だった業種の参入が相次いでいる。

「JR旅客6社の経営動向」調査

「JR旅客6社の経営動向」調査

2016/11/07

JR九州はいち早く鉄道事業への依存からの脱却を目指し、株式上場を実現した。鉄道事業の採算が厳しいと言われたJR北海道、JR四国、JR九州の「3島会社」では初の上場となる。

M&A速報検索

クリア