M&A速報

日本KFCホールディングス<9873>、宅配ピザチェーン運営の日本ピザハットを投資ファンドへ売却

2017/05/10

日本KFCホールディングスは、宅配ピザチェーンを運営する日本ピザハット(横浜市。売上高143億円、営業利益1億6200万円、純資産6億4700万円)と、同業のフェニックス・フーズ(横浜市。売上高5億7000万円、営業利益△800万円、純資産1600万円)の全株式を譲渡することを決議した。譲渡先は投資ファンドのエンデバー・ユナイテッドが運営するエンデバー・ユナイテッド投資事業有限責任組合傘下の特別目的会社。

ピザハット事業については店舗収益モデルの最適化や事業規模と経費バランスの見直しなどを進めてきたが、市場競争の激化に伴いこれまで以上に迅速な対応や競争力の強化を迫られていた。豊富な投資実績を持つエンデバー・ユナイテッドに譲渡し、よりスピーディーで効率的な運営体制の構築を図る。

譲渡価額は非公開。譲渡予定日は2017年6月12日。

関連の記事

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

2020/06/26

緊急事態宣言が解除され、県をまたいでの移動も緩和されました。一部観光地やショッピング街に人が戻り始め、リベンジ消費が始まろうとしています。2月から冷え込み始めた飲食店に、遅い春がやってきました。売上の戻りが早い業態にはどんな特徴が?

ピザハットを買収した投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」とは?

ピザハットを買収した投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」とは?

2020/04/19

2002年にフェニックス・キャピタルとして設立された投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」は日本の独立系投資ファンドの中では最古参の一つ。ファンド総額3,000億円、投資先企業は50社。いったいどのようなファンドなのでしょうか?

3月の売上高前年対比108%を叩き出したケンタッキーの勝因は?

3月の売上高前年対比108%を叩き出したケンタッキーの勝因は?

2020/04/17

3月のケンタッキーの既存店売上高が、前年同月比108.2%となりました。コロナ禍で外食企業の売上が急減する中で、この数字は驚異的。ハレの日需要から日常食へと舵を切った、ケンタッキーの戦略が奏功。コロナでその効果が色濃く浮かび上がりました。

ケンタッキーフライドチキンが「えん」出資で和食・居酒屋業態参入へ

ケンタッキーフライドチキンが「えん」出資で和食・居酒屋業態参入へ

2018/03/02

日本KFCホールディングスが和食居酒屋「えん」を運営するビー・ワイ・オーの株式を25%取得し、業務提携すると発表しました。2017年にピザハットを売却し、競争が激化するピザ業界から撤退した日本KFC。この度和食へと参入する、その意図とは?

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017/12/27

2017年外食産業のM&A動向を語るうえで、外せないキーワードが2つある。1つは「海外進出」。2つ目は「ポートフォリオの拡大」だ。

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017/10/09

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

投資ファンドによるM&A(上)日本市場でも存在感を示すプレイヤーたち

投資ファンドによるM&A(上)日本市場でも存在感を示すプレイヤーたち

2017/06/28

投資ファンドの本分は「企業を安く買って高く売ること」だ。そのため、投資ファンドはM&A市場において、ときには「買い手」として、ときには「売り手」として登場頻度の多いプレイヤーでもある。活発な動きを見せる投資ファンドによるM&Aに注目したい。

投資ファンドのエンデバーは、ピザハットを美味しく料理することができるのか?

投資ファンドのエンデバーは、ピザハットを美味しく料理することができるのか?

2017/06/16

5月10日、日本KFCホールディングスが日本ピザハットを投資ファンドのエンデバー・ユナイテッドに売却すると発表しました。ピザ業界の競争激化が背景。企業価値を高めるという観点から投資ファンドへの売却を決めたようです。2017年にようやく黒字化を実現。コストカットによる収益の改善を図っていました。ではなぜこのタイミングで売却するのか、という話です。

過熱するチキン戦争~本家のKFC、ローソンが食う あの大手商社もコンビニシフトへ

過熱するチキン戦争~本家のKFC、ローソンが食う あの大手商社もコンビニシフトへ

2016/11/27

クリスマスを目前に控え、業態の垣根を超えた「フライドチキン戦争」が激しさを増しています。本家のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の牙城を切り崩しにかかるのが、ローソンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアです。ローソンなどの攻勢で本家が苦戦を強いられる中、創業以来、KFCを支えていたあの大手商社がついに投資戦略の見直しに動き出しました。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5