ファミリーマートは、コンビニエンスストアのampmを運営するエーエム・ピーエム・ジャパン(東京都港区。売上高1510億円、営業利益6億1000万円、純資産△139億円)を子会社化することを決議した。飲食店グループを傘下に持つレックス・ホールディングス(東京都港区)が保有する同社の全株式と全貸付債権を取得する。

コンビニ業界を取り巻く環境が厳しさを増す中、ファミリーマートはampmを傘下に取り込むことでシェアの拡大を図る。首都圏での店舗基盤強化に加え、仕入れや物流の統合などの効率化を目指す。レックスHDはampmへの増資を予定しており、増資後の全株式を1円、貸付債権を簿価で取得する。実質的な取得価額は120億円。取得予定日は2009年12月24日。