menu
Social media

2013年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover 59cd5d4e c6bb 4cc2 a0e8 5ce269235dec

1. 総評

TOB件数は公表ベースで9件と前年同期(7件)比で増加した(表1)。
◆大型案件として、丸紅によるNECモバイリングに対するTOB(716億円)があり、その他、1stホールディングス(270億円)、メガネトップ(299億円)、シンプレクス・ホールディングス(277億円)については、経営陣によるMBOがなされている(表2)。
◆ポジティブプレミアムの平均値は2Qのみで41.3%、2013年上期で48.6%となっており、株価の上昇にともない、若干ダウントレンドとなっている。分布で見ても大きな変化はないものの、株価上昇の流れを受け、50%を超えるプレミアムのTOBの割合が若干減少している(表3) (表4)。
◆2Qも前期を超える件数となり、TOBを含めた再編トレンドが継続している。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

TOB件数は公表ベースで9件と前年同期(7件)比で増加。

3. 2013年第2四半期の主なTOB

2013年7月3日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額(百万円)
2013.4.5 1stホールディングス 経営陣 成立 880 603 45.94% 26,958
2013.4.15 メガネトップ 経営陣 成立 1,400 1,156 21.11% 29,913
2013.5.6 NECモバイリング 丸紅 成立 5,510 5,085 8.36% 71,637
2013.6.13 シンプレクス・ホールディングス カーライルグループ、経営陣 進行中 45,000 38,971 15.47% 27,735

※未定または進行中の案件は買付予定数に公開買付価格を乗じて買付総額を算出している。

4. 買収プレミアム(TOB)の推移

5. 買収プレミアム(TOB)の水準

※総プレミアム平均の推移48.0%(2008)→ 55.6%(2009)→ 41.7%(2010)→ 51.2%(2011) →45.0%(2012) →31.4%(2013・2Q)
※ポジティブプレミアム平均の推移54.6%(2008)→ 63.8%(2009)→47.4%(2010)→ 54.9%(2011)→51.2%(2012) →48.6%(2013・2Q)

資料提供:株式会社ストライク

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【KDDI】M&Aからベンチャーへのスイッチ投資

【KDDI】M&Aからベンチャーへのスイッチ投資

大企業は得てして新たな取り組みを行うことを不得意としているが、イノベーションが求められる新規事業をM&Aによって補完する動きは、近年のトレンドとなっている。その最たる例がKDDIである。そのM&A戦略とは?


注目の記事

Thumb 14c917aa 14f0 4cd1 a536 f6e399afd093

ソレキアの敵対的TOB ホワイトナイトに富士通登場 漁夫の利を得た一般株主

ジャスダック上場のシステム開発会社ソレキアは、フリージア・マクロス会長の佐々木ベジ氏に敵対的TOBを仕掛けられた。ホワイトナイトとして富士通が登場し、敵対的買収は阻止されたが、ソレキア株は急上昇し株主は漁夫の利を得た。

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
Thumb f3c648a3 4804 433a 8d16 1aecd7a2a8fe
Thumb de7f106f 7f78 4a3f b96e 331e580cd542