menu
Social media

2013年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

Cover 59cd5d4e c6bb 4cc2 a0e8 5ce269235dec

1. 総評

TOB件数は公表ベースで9件と前年同期(7件)比で増加した(表1)。
◆大型案件として、丸紅によるNECモバイリングに対するTOB(716億円)があり、その他、1stホールディングス(270億円)、メガネトップ(299億円)、シンプレクス・ホールディングス(277億円)については、経営陣によるMBOがなされている(表2)。
◆ポジティブプレミアムの平均値は2Qのみで41.3%、2013年上期で48.6%となっており、株価の上昇にともない、若干ダウントレンドとなっている。分布で見ても大きな変化はないものの、株価上昇の流れを受け、50%を超えるプレミアムのTOBの割合が若干減少している(表3) (表4)。
◆2Qも前期を超える件数となり、TOBを含めた再編トレンドが継続している。
(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3カ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移

TOB件数は公表ベースで9件と前年同期(7件)比で増加。

3. 2013年第2四半期の主なTOB

2013年7月3日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額(百万円)
2013.4.5 1stホールディングス 経営陣 成立 880 603 45.94% 26,958
2013.4.15 メガネトップ 経営陣 成立 1,400 1,156 21.11% 29,913
2013.5.6 NECモバイリング 丸紅 成立 5,510 5,085 8.36% 71,637
2013.6.13 シンプレクス・ホールディングス カーライルグループ、経営陣 進行中 45,000 38,971 15.47% 27,735

※未定または進行中の案件は買付予定数に公開買付価格を乗じて買付総額を算出している。

4. 買収プレミアム(TOB)の推移

5. 買収プレミアム(TOB)の水準

※総プレミアム平均の推移48.0%(2008)→ 55.6%(2009)→ 41.7%(2010)→ 51.2%(2011) →45.0%(2012) →31.4%(2013・2Q)
※ポジティブプレミアム平均の推移54.6%(2008)→ 63.8%(2009)→47.4%(2010)→ 54.9%(2011)→51.2%(2012) →48.6%(2013・2Q)

資料提供:株式会社ストライク

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


株式公開買付(TOB)

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【KDDI】M&Aからベンチャーへのスイッチ投資

【KDDI】M&Aからベンチャーへのスイッチ投資

大企業は得てして新たな取り組みを行うことを不得意としているが、イノベーションが求められる新規事業をM&Aによって補完する動きは、近年のトレンドとなっている。その最たる例がKDDIである。そのM&A戦略とは?


注目の記事

Thumb ea53dea8 87a4 4d4c b99c 6cbf3f39d559

500円ピザのナポリスが、遠藤商事倒産の業火から不死鳥の如く蘇った件

500円で本格ピザが食べられるお店「ナポリス」を運営していた飲食ベンチャー遠藤商事が、今年4月に倒産。「ナポリス」の存続が危ぶまれましたが、10月に新体制の下、再スタートをきりました。500円ピザの「ナポリス」に何が起きて、今後どうなるのか。その詳細について説明します。

Thumb 30bba576 7cac 4115 bad8 0c395f26861f
Thumb b243ff45 3f0c 4274 91c3 555b1c09704f
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d