M&A速報

澤田ホールディングス<8699>、キルギス共和国のキルギスコメルツ銀行を子会社化

2017/05/24

澤田ホールディングスは、キルギス共和国で銀行業を営むOJSC Kyrgyzkommertsbank(キルギスコメルツ銀行。資金運用収益9800万円、営業利益△1億2900万円、純資産74900万円)の増資を引き受け子会社化することを決めた。株式の所有割合を7.81%から52.9%に引き上げる。取得価額は約8億1300万円。取得予定日は2017年6月21日。

キルギス共和国は農業・畜産業、食品加工業、金採掘を中心とする鉱業を主要産業とする中央アジアの新興国で、今後の経済成長が期待されている。キルギスコメルツ銀行は澤田ホールディングスの傘下に入り、キルギス共和国で「最も便利で信頼できる先進的な銀行」に成長することを目指す。融資業務や外国為替業務の強化、カード事業の一層の推進などを積極的に行う予定。

M&Aデータベース

関連の記事

「記録ずくめ」だった2020年TOB戦線!

「記録ずくめ」だった2020年TOB戦線!

2021/01/12

2020年のTOB(株式公開買い付け)件数は公告(届け出)ベースで前年比14件増の60件となり、2013年(56件)以来7年ぶりの高水準となった。件数の伸びもさることながら、「新型コロナ」下、内容的にも変化に富んだ1年だった。

敵対的TOBに「異変」あり?  13年ぶりの高水準

敵対的TOBに「異変」あり? 13年ぶりの高水準

2020/11/26

敵対的TOB(株式公開買い付け)が今年、13年ぶりの高水準で推移中だ。1月からの累計は5件となり「ブルドックソース事件」が起きた2007年と並ぶ。「新型コロナ」下、TOB戦線に異変が起きているのか。

150日TOBの結末は?  澤田HDがついに「反対」表明

150日TOBの結末は? 澤田HDがついに「反対」表明

2020/09/25

モンゴル最有力のハーン銀行を傘下に持つ澤田ホールディングスに対するTOB(株式公開買付け)が新局面を迎えた。澤田HDが150日に及んでいる異例のTOBに反対を表明。敵対的TOBの構図がはっきりしたことで、どんな結末が待ち受けているのか?

澤田HDを巡るTOB、延長に次ぐ延長で「ユニゾ超え」必至

澤田HDを巡るTOB、延長に次ぐ延長で「ユニゾ超え」必至

2020/08/14

終わりが見えない超ロングランのTOB(株式公開買い付け)が進行している。エイチ・エス証券やモンゴル最大手のハーン銀行などを傘下に持つ澤田ホールディングス(HD)に対するTOBは買付期間が12回延長され、すでに126日に及ぶ。

澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

2020/07/28

澤田ホールディングスの株式公開買付け(TOB)が異例の10回目の延長となったことで話題を呼んでいます。延長の狙いはどこにあるのでしょうか。

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

2019/05/16

セガサミーホールディングスは、大手パチスロ・パチンコメーカーのサミーと、大手ゲームメーカーのセガグループの持株会社。サミーセガを買収し、2004年10月に経営統合して設立された。M&Aで誕生した同社だけに、企業買収には極めて積極的だ。

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017/10/09

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5