M&A速報

ジェイテクト<6473>、富士機工<7260>をTOBにより完全子会社化

2017/04/28

ジェイテクトは、持ち分法適用関連会社の富士機工をTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化することを決めた。現在の所有割合は33.49%。第2位の株主であるタチエスが所有する24.47%についてTOBに応募することで合意している。買付価額は最大で261億円。

今後、ジェイテクトと富士機工は生産・調達ラインの効率化によるコストダウンなどを進める。

買付価格は1株あたり740円で、公表前営業日の終値603円に対して22.72%のプレミアムを加えた。買付予定数は3527万3315株で、下限は1759万5600株(33.18%)。買付期間は未定。

富士機工は上場廃止となる予定。

追記事項

2017-10-31

買付期間は11月1日から12月14日まで。決済の開始日は12月21日。

関連の記事

【ホンダ】トヨタとも日産とも違う、独自「系列再編」の行方は?

【ホンダ】トヨタとも日産とも違う、独自「系列再編」の行方は?

2020/07/09

ホンダが系列サプライヤーの再編に動き出した。ホンダが筆頭株主となっているケーヒン、ショーワ、日信工業の3社に対してTOB(株式公開買い付け)を実施して完全子会社化した上で、日立オートモティブシステムズが3社を吸収合併する。その狙いと戦略は?

トヨタ「超コスト削減」で系列部品メーカーのM&Aにアクセルか

トヨタ「超コスト削減」で系列部品メーカーのM&Aにアクセルか

2020/07/03

トヨタ自動車系列のサプライヤーが苦境に追い込まれている。豊田章男社長は「新型コロナはリーマン・ショックを上回る危機だが、コスト削減で今期の連結営業利益で黒字を確保できる」と断言した。その矢面に立つのはトヨタに部品を納入する部品メーカーだ。

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

【DMG森精機】M&Aで成長する世界最大の工作機械メーカー

2017/12/21

2015年5月、日本から世界最大の工作機械メーカーの「DMG森精機」が誕生した。世界7カ国で14の開発・製造拠点を擁し、約1万2000人の従業員を雇用する巨大企業に飛躍する。中小企業から大企業まで全世界で約15万社のユーザーを抱える。その「原動力」はM&Aだった。

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017/10/09

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

【豊田自動織機】トヨタグループの源流が仕掛けるM&A戦略

2017/06/13

 豊田自動織機は、トヨタグループ創始者である豊田佐吉氏が自身で開発した自動織機の製造販売を目的として、1926年(大正15年)に設立された。いわばトヨタグループの源流をなす会社である。2016年で創業90年を迎えたが、果たして、日本を代表する大手企業の源流にある会社は、いかなる発想や手法でM&Aを推進してきたのか。