ジェイテクトは富士機工の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。

ジェイテクトは富士機工の完全子会社を目的とし、富士機工はTOB後、上場廃止となる予定。

富士機工はジェイテクトの持分法適用関連会社(所有割合:33.49%)である。

ジェイテクトと富士機工は、本TOBにより生産・調達ラインの効率化によるコストダウンや、協働関係をより強固にすることを目的としている。

株式取得価額は260億円。

公開買付価額は一株当たり740円。(平成29年4月27日の終値603円に対して22.72%のプレミアム)

公開買付期間は未定。