M&A速報

豊商事<8747>、オリエント証券を子会社化

2008/06/13

豊商事は、オリエント証券(東京都中央区。営業収益4億9700万円、営業利益△1億9700万円、純資産6億1300万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

豊商事は商品先物取引業と外国為替証拠金取引業に専念してきたが、業界の変革が進む中、証券取引への進出を検討していた。個人顧客を対象とした営業を展開するオリエント証券を取り込めば、グループ全体として大きな相乗効果が得られほか、収益源の多様化が実現できると判断した。

取得予定価額は5億5200万円。取得予定日は2008年6月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

【7月M&Aサマリー】62件、3カ月連続で前年を下回る|金額も振るわず

【7月M&Aサマリー】62件、3カ月連続で前年を下回る|金額も振るわず

2021/08/03

2021年7月のM&A件数は前年同月比8件減の62件となり、3カ月連続で前年を下回った。取引金額は国内、海外ともに大型案件が乏しく、前年同月比38%減の488億円。1000億円を割り込んだのは今年初めてで、7月としても過去10年で最低に。

「記録ずくめ」だった2020年TOB戦線!

「記録ずくめ」だった2020年TOB戦線!

2021/01/12

2020年のTOB(株式公開買い付け)件数は公告(届け出)ベースで前年比14件増の60件となり、2013年(56件)以来7年ぶりの高水準となった。件数の伸びもさることながら、「新型コロナ」下、内容的にも変化に富んだ1年だった。

敵対的TOBに「異変」あり?  13年ぶりの高水準

敵対的TOBに「異変」あり? 13年ぶりの高水準

2020/11/26

敵対的TOB(株式公開買い付け)が今年、13年ぶりの高水準で推移中だ。1月からの累計は5件となり「ブルドックソース事件」が起きた2007年と並ぶ。「新型コロナ」下、TOB戦線に異変が起きているのか。

150日TOBの結末は?  澤田HDがついに「反対」表明

150日TOBの結末は? 澤田HDがついに「反対」表明

2020/09/25

モンゴル最有力のハーン銀行を傘下に持つ澤田ホールディングスに対するTOB(株式公開買付け)が新局面を迎えた。澤田HDが150日に及んでいる異例のTOBに反対を表明。敵対的TOBの構図がはっきりしたことで、どんな結末が待ち受けているのか?

澤田HDを巡るTOB、延長に次ぐ延長で「ユニゾ超え」必至

澤田HDを巡るTOB、延長に次ぐ延長で「ユニゾ超え」必至

2020/08/14

終わりが見えない超ロングランのTOB(株式公開買い付け)が進行している。エイチ・エス証券やモンゴル最大手のハーン銀行などを傘下に持つ澤田ホールディングス(HD)に対するTOBは買付期間が12回延長され、すでに126日に及ぶ。

澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

澤田ホールディングスのTOB期間延長はいつまで?

2020/07/28

澤田ホールディングスの株式公開買付け(TOB)が異例の10回目の延長となったことで話題を呼んでいます。延長の狙いはどこにあるのでしょうか。

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

2019/05/16

セガサミーホールディングスは、大手パチスロ・パチンコメーカーのサミーと、大手ゲームメーカーのセガグループの持株会社。サミーセガを買収し、2004年10月に経営統合して設立された。M&Aで誕生した同社だけに、企業買収には極めて積極的だ。

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年4月-6月に発表された 主要なM&A案件

2017/10/09

2017年4月-6月に発表された国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5