1. 総評

TOB件数は公表ベースで4件と前年同期(10件)比で減少した(表1)。

◆大型案件としては、スターバックス・コーポレーション(米国)によるスターバックスコーヒージャパンへの公開買付が実施されている。競合他社との競争環境の中、スターバックスコーヒージャパンと完全に一体となって事業を展開する事が重要と判断し、大株主であるサザビーリーグ及びその他の株主から株式を買い付ける(表2)。

◆総プレミアムの平均値は29.9%となっており、分布で見ても大きな変化はないものの、株価が上昇した水準を保っていることから、50%を超えるプレミアムのTOBの割合は引き続き低い割合となっている。(表3) (表4)。

(注)プレミアム算定に採用している株価は特に断りがない限り、公表日前3ヶ月平均株価としている。

2. TOB件数の推移◆表1

TOB件数は公表ベースで4件と前年同期(10件)比で減少。

3. 2014年第3四半期の主なTOB◆表2

2014年10月14日現在

公表日 対象会社 買手企業 状況 買付価格 株価 プレミアム 買付総額(百万円)
2014.8.6 三井情報 三井物産 成立 255 181 40.88% 10851
2014.8.7 シナジーマーケティング ヤフー 成立 1006 717 40.31% 8747
2014.8.12 プラネックスホールディング 経営陣 成立 600 430 39.53% 1092
2014.9.24 スターバックス コーヒー ジャパン スターバックス・コーポレーション(米) 進行中 965 1461 -33.95% 55005
2014.9.24 スターバックス コーヒー ジャパン スターバックス・コーポレーション(米) 進行中 1465 1461 0.27% 44502

※未定または進行中の案件は買付予定数に公開買付価格を乗じて買付総額を算出している。