ユニゾホールディングス(HD)<3258>は2019年9月27日、ソフトバンクグループ<9984>傘下の投資ファンドである米フォートレス・インベストメント・グループが実施中の公開買い付け(TOB)への賛同意見を見直し、意見を留保すると発表した。

救い主の「白馬の騎士」に反旗

ユニゾはエイチ・アイ・エス(H.I.S)<9603>から敵対的TOBを仕掛けられたが、対象となった企業を守るホワイトナイト白馬の騎士)としてフォートレスがTOBに乗り出し、「防衛」に成功している。そのいわば恩人でもあるフォートレスに「ノー」を突きつける異常事態となった。

ユニゾが賛同意見を覆した最大の理由はTOB価格の引き上げ。1株当たり5000円への引き上げをフォートレスに要請したが回答がなかったという。同5000円という価格は、ユニゾが同日開示した第三者による買収提案で提示されたもので、この価格を下回る金額でのTOBは株主利益を損ねるとしている。

もっともらしい理由だが、その第三者による同5000円での買収提案もユニゾは拒否している。「従業員の保護が十分ではない」ことを問題視したという。買収交渉が継続しているのならともかく、提案を拒否したのであれば同5000円での買収自体が消滅したわけだから、ユニゾがフォートレスにTOB価格引き上げを要求するのは「筋違い」に見える。

しかし、現在のユニゾの株価は9月27日の終値が4510円と、フォートレスの提示するTOB価格の4000円を上回っている。フォートレスはTOB期間を10月1日から同7日まで延長したが、このままでは不成立となる可能性が大きい。これが不成立に終われば、H.I.Sは再びTOBを仕掛ける方針を明らかにしている。ユニゾとしては何としてもフォートレスによるTOBを成立させ、H.I.Sによる敵対的買収の可能性を確実に排除したいのだ。

「変なホテル」を展開するH.I.Sは、ユニゾHDを買収してホテル事業の拡大を狙うとしている(変なホテルホームページより)

そのためにはフォートレスにTOB価格を引き上げてもらうしかない。却下した買収提案をわざわざ同時公開したことからみて、ユニゾはTOB価格を引き上げの「プレッシャー」をかけたといえそうだ。ただ、フォートレスを傘下に置くソフトバンクとしては、そう簡単に財布のひもを緩めるわけにはいかない理由がある。