M&A速報

HIS<9603>、米投資会社のユニゾTOBが不成立の場合は「再TOBを検討する可能性」

2019/08/28

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は28日、不動産・ホテル業を手がけるユニゾホールディングスに対するTOB(株式公開買い付け)の不調を受けた今後の方針について、現在進行中の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループによるTOBが不成立となった場合は新たな買付価格を設定してTOBを実施、もしくは買い増しを検討する可能性があると発表した。

また、フォートレスが実施しているTOB(ユニゾ株の買付価格は1株4000円)に応募するかどうかについては、ユニゾ株価の推移を注視しつつ決定するとしている。HISはユニゾ株を4.79%(163万9500株)を保有する。

HISは買付価格1株につき3100円を提示し、7月11日から8月23日までユニゾに対してTOBを実施した。所有割合を現在の4.79%から45%に引き上げ、ユニゾを事実上傘下に収める計画だったが、TOBへの応募がゼロという結果に終わった。TOB開始直後からユニゾ株が急上昇し、市場価格が買付価格を上回る高値で推移したのが主因。このTOBの結果を踏まえた今後の方針については「検討中」としていた。

ユニゾをめぐってはフォートレスがHISを上回る買付価格4000円を提示して参戦し、10月1日を期限としてTOBが進行中。買付予定数の下限は所有割合で66.7%に設定している。HISはフォートレスがTOBを実施期間中、ユニゾに対して新たなTOBを実施したり、ユニゾ株を買い増したりする予定はないとしている。

そのうえで、フォートレスのTOBが不成立(66.7%に届かない場合)となり、その時点でユニゾ株価が妥当と考えられる水準で推移していると認められるなどの場合、新たな買付価格を設定して再度のTOBを実施することや、買い増しを検討する可能性があるとの方針を明らかにした。

関連の記事

「日本旅行」「HIS」「JTB」が相次いで計画を変更 赤字脱却に全力

「日本旅行」「HIS」「JTB」が相次いで計画を変更 赤字脱却に全力

2021/03/20

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、大打撃を被っている旅行会社が相次いで計画の変更に乗り出している。日本旅行が中期経営計画を見直し大幅な店舗削減策などを打ち出したほか、エイチ・アイ・エスは持ち株会社体制への移行を中止し、JTBも2021年4月から組織を再編する。

2021年「オンライン初詣」が可能なところは

2021年「オンライン初詣」が可能なところは

2021/01/01

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、2021年の初詣のスタイルが大きく変わりそうだ。政府や自治体が外出自粛を要請しており、堂々と出かけにくい状況にあるためだ。自宅に居ながら参拝できる神社を探してみると…。

「JTB」手伝いをしながらの旅行で地方の人手不足を解消

「JTB」手伝いをしながらの旅行で地方の人手不足を解消

2020/12/19

大手旅行会社のJTB系のJTB協定旅館ホテル連盟が、働きながら地域の魅力を体験するという新しい旅行需要の創出に乗り出した。新しい旅行需要の創出によって地方の人手不足を解消するのが狙いだ。

HISが業績回復のシナリオを公表 将来的な「業界再編」の準備も

HISが業績回復のシナリオを公表 将来的な「業界再編」の準備も

2020/12/15

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が2022年10月期に、コロナ前の2019年10月期の水準まで売上高が回復するシナリオを公表した。背景には旅行事業、ホテル事業が2021年初頭から回復基調に入るとの読みがある。

「JTB」「HIS」「KNT-CT」旅行大手3社の通期業績見通しはいずれも赤字に転落

「JTB」「HIS」「KNT-CT」旅行大手3社の通期業績見通しはいずれも赤字に転落

2020/11/25

JTBは2021年3月期に経常損益が1000億円の赤字に転落することを公表。これによりJTB、HIS、KNT-CTホールディングスの旅行大手3社がそろって経常赤字に転落することになった。

飲食時の新型コロナ感染防止策「ハウステンボス」などが次々と

飲食時の新型コロナ感染防止策「ハウステンボス」などが次々と

2020/11/20

菅義偉首相が食事中の会話の際にマスクを着用するよう呼びかけるなど、飲食時の新型コロナウイルス感染防止策に注目が集まる中、企業によるさまざまな取り組みが現れてきた。

「HIS」はそば屋を全国展開 「JTB」はパナソニックとコラボ コロナ禍で模索続く旅行会社

「HIS」はそば屋を全国展開 「JTB」はパナソニックとコラボ コロナ禍で模索続く旅行会社

2020/11/11

新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境に晒されている旅行会社が業績回復に向けあの手この手の施策を打ち出している。旅行会社がこれまで培ってきたノウハウやアイデアが勝負の分かれ目となりそうだ。

昨年のユニゾ争奪戦と違う?DCMとニトリの「島忠TOB戦争」

昨年のユニゾ争奪戦と違う?DCMとニトリの「島忠TOB戦争」

2020/11/02

家具製造販売大手のニトリホールディングスはホームセンター業界2位のDCMホールディングスが進める同7位の島忠​TOBに参入し、完全子会社化を目指す。こうした敵対的TOBといえば2019年の「ユニゾ争奪戦」があった。今回のケースとは違うのか?

HISの攻勢が止まらない 今度は「お墓」ビジネスに参入

HISの攻勢が止まらない 今度は「お墓」ビジネスに参入

2020/10/31

HISは墓参りや墓掃除を代行する墓事業を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で帰国できない海外在住の日本人や、東京などに住み里帰りを自粛している人に代わって墓参りや墓掃除を行う。

ニトリが異業種の島忠TOBに「横やり」を入れる理由

ニトリが異業種の島忠TOBに「横やり」を入れる理由

2020/10/23

DCMホールディングスが進めている島忠のTOBに「待った」がかかった。ニトリが島忠買収に動き出すとの報道が飛び出したのだ。ニトリは「島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を検討している」と野心を隠さない。なぜニトリは島忠買収に乗り出すのか。

旅行会社のHISはなぜ「そば屋」を開業するのか

旅行会社のHISはなぜ「そば屋」を開業するのか

2020/10/02

旅行会社のエイチ・アイ・エスは2020年10月2日に埼玉県川越市で、そば屋「満天ノ 秀そば」を開店する。新規事業として飲食業に進出するもので、事業承継の形でそば屋のM&Aに踏み切った。

明らかになってきた旅行会社の実態「HIS」は300億円を超える赤字に

明らかになってきた旅行会社の実態「HIS」は300億円を超える赤字に

2020/09/29

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥っている旅行会社の実態が次第に明らかになってきた。エイチ・アイ・エスは2020年10月期の営業損益が367億円の赤字に陥る見通しを公表した。

旅行会社大手の「HIS」が起死回生を狙う事業とは

旅行会社大手の「HIS」が起死回生を狙う事業とは

2020/09/05

新型コロナウイルスの影響で赤字に転落しているエイチ・アイ・エスが、ウイズ・コロナ時代を見据えた事業展開を加速している。ウイズ・コロナ時代に必要となるビジネスを取り込むことで、業績を回復することができるだろうか。

海外旅行それとも国内旅行「旅行会社」がコロナ禍で工夫あれこれ

海外旅行それとも国内旅行「旅行会社」がコロナ禍で工夫あれこれ

2020/08/22

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で海外旅行はもちろん国内旅行にも自粛ムードが広がる中、旅行会社があれこれ知恵を絞った取り組みを展開している。

旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に

旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に

2020/08/19

エイチ・アイ・エスがコロナ禍の収束を見越して攻勢に打って出た。同社子会社のH.I.S.ホテルホールディングス​が、ホテルや旅館を対象にM&Aや資本、業務提携、人材派遣などの取り組みを強化する。

「旅行会社」に新たな動き 仕事と休暇の融合ビジネスや家電販売なども

「旅行会社」に新たな動き 仕事と休暇の融合ビジネスや家電販売なども

2020/07/28

旅行会社に新しい動きが広がってきた。JTBは企業や自治体などに、ワーケーション(リゾート地などで働きながら休暇を取得する仕組み)商品を提供するビジネスに乗り出すほか、エイチ・アイ・エスはタイで家電の販売を始めた。

旅行大手の「HIS」が苦境に 迫られる戦略の見直し

旅行大手の「HIS」が苦境に 迫られる戦略の見直し

2020/06/23

旅行会社大手のエイチ・アイ・エ スが苦境に陥っている。2020年6月19日に、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を理由に、2020年10月期第2四半期の業績予想を下方修正し、赤字に転落する見通しを明らかにした。M&A戦略に変更はあるのか。

大手旅行会社が営業を再開 Go Toキャンペーンは業界復活の起爆剤になるか

大手旅行会社が営業を再開 Go Toキャンペーンは業界復活の起爆剤になるか

2020/05/30

大手の旅行会社が営業再開に向け動き始めた。7月には大きな被害を受けている観光業の支援を目的にした政府によるGo Toキャンペーンが始まる見込み。大手の営業再開に伴い、Go Toキャンペーン顧客争奪戦の幕が切られることになりそうだ。

ユニゾ従業員TOB、買付価格を6000円に引き上げ|フォートレスは撤退か

ユニゾ従業員TOB、買付価格を6000円に引き上げ|フォートレスは撤退か

2020/03/19

​不動産業のユニゾホールディングスに対し、従業員による買収(EBO)を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施中のチトセア投資(東京)は18日、1株あたりの買付価格を300円引き上げて6000円にする。価格引き上げは2月9日以来2度目。

「火中の栗」JDIを拾う、いちごのキャロン社長ってどんな人?【加筆修正あり】

「火中の栗」JDIを拾う、いちごのキャロン社長ってどんな人?【加筆修正あり】

2020/02/06

ジャパンディスプレイが投資顧問会社のいちごアセットマネジメントから1008億円の出資を受けると発表した。一時は会社更生法の申請まで検討したというJDIの救済に乗り出す大胆な意思決定を下したいちごのスコット・キャロン社長とはどんな人物なのか?

【ユニゾTOB】フォートレスが買付価格を5200円に引き上げ、EBOに対抗

【ユニゾTOB】フォートレスが買付価格を5200円に引き上げ、EBOに対抗

2020/01/30

不動産・ホテル業のユニゾホールディングスに対してTOBを実施中の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループは29日、4100円としていた買付価格を1100円引き上げて5200円とした。ユニゾ従業員による買収に対抗する。

ユニゾ、従業員による買収に“空振り”のおそれ

ユニゾ、従業員による買収に“空振り”のおそれ

2020/01/29

ユニゾホールディングスが打ち出した従業員による買収(EBO)の行方が混とんとしている。EBOは昨夏から続くTOB騒動に終止符を打つための乾坤一擲の策。ところが、ユニゾ株価は買付価格を上回る高値で推移し、空振りのおそれが出ているのだ。

【2019年M&Aランキング】1000億円超は22件|総額8兆円を超える

【2019年M&Aランキング】1000億円超は22件|総額8兆円を超える

2020/01/20

2019年のM&A総数は前年を59件上回る841件と4年連続で増加し、08年(870件)以来の高水準となった。また、年間800件台に乗せるのは09年以来10年ぶり。取引総額は8兆1201億円で、18年、16年に次ぐ3番目だった。

レノがレオパレス21を4度買い増し「現経営陣の退陣を要求」2019年12月の大量保有報告書

レノがレオパレス21を4度買い増し「現経営陣の退陣を要求」2019年12月の大量保有報告書

2020/01/04

2019年12月の大量保有報告書の提出状況を見ると、レオパレス21関連で大きな動きがあった。旧村上ファンド系の投資会社レノがレオパレス21株を4度買い増し、保有割合を14.45%に高めた。

米フォートレス、ユニゾTOB「10回」延長で「100日」に

米フォートレス、ユニゾTOB「10回」延長で「100日」に

2019/12/27

不動産・ホテル業のユニゾホールディングスに対して子会社化を目的にTOBを実施中の米投資会社フォートレスは27日、2020年1月8日までとしていた買付期間を1月20日まで営業日ベースで7日延長すると発表した。買付期間の延長は10回目。

2年ぶりの増加で44件、トップはZOZO 2019年のTOB

2年ぶりの増加で44件、トップはZOZO 2019年のTOB

2019/12/26

2019年に実施されたTOB(株式公開買い付け)は前年比2件増の44件で2年ぶりの増加となった。うち、不成立は同3件増の3件。敵対的買収は同1件増の2件、MBOは同3件増の6件とそれぞれ倍増している。来年に実施するTOBには大型案件が多い。

​レオパレスとユニゾに活発な動き 前澤氏は10回以上提出「2019年の大量保有報告書」 

​レオパレスとユニゾに活発な動き 前澤氏は10回以上提出「2019年の大量保有報告書」 

2019/12/26

2019年(1月1日-12月24日)の大量保有報告書の提出状況を振り返ると、施工不良問題を抱えるレオパレス21と、不動産、ホテル業のユニゾホールディングス(HD)の2社を巡り活発な動きが見られた。

【敵対的買収】伊藤忠・HIS・コクヨ…“1勝2敗”の2019年

【敵対的買収】伊藤忠・HIS・コクヨ…“1勝2敗”の2019年

2019/12/26

日本で敵対的買収は例年、1件あるかどうかだが、今年は一転、伊藤忠商事VSデサント、エイチ・アイ・エス(HIS)VSユニゾホールディングス、コクヨVSぺんてる、のケースが3件相次いで発生した。結果は買収側が1勝2敗で、負け越した形だ。

ユニゾTOB騒動、従業員買収(EBO)の“奇策”で局面転回へ

ユニゾTOB騒動、従業員買収(EBO)の“奇策”で局面転回へ

2019/12/23

不動産・ホテル業のユニゾホールディングスをめぐる買収騒動が新たな段階を迎えた。ユニゾは22日、従業員による買収(EBO=エンプロイー・バイアウト)を実施して非公開化すると発表した。米投資ファンドのローン・スターが支援している。

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

2019/12/19

2019年の住宅・不動産業界でのM&Aは件数で前年(22社)の約1.4倍の31社、取引総額でも前年(1026億9620万円)の約2.1倍の2221億5800万円と大きく成長。東証適時開示情報のうち経営権の移動を伴うM&Aについて集計した。​

ユニゾTOB、米フォートレスが8度目の延長で「90日」のマラソン状態に

ユニゾTOB、米フォートレスが8度目の延長で「90日」のマラソン状態に

2019/12/13

不動産・ホテル業のユニゾホールディングスにTOB(株式公開買い付け)を実施中の米投資会社フォートレスは13日、買付期間を12月27日まで10営業日延長すると発表した。8月19日のTOB開始後、延長は8度目。買付期間は90日に及ぶ。

「デュアルクラス」であればユニゾは狙われなかった|間違いだらけのコーポレートガバナンス(7)

「デュアルクラス」であればユニゾは狙われなかった|間違いだらけのコーポレートガバナンス(7)

2019/12/10

​1株に多数の議決権を付与する​「デュアルクラス」は、アメリカ西海岸、シリコンバレー流の反逆精神、カウンターカルチャー精神の表れであり、オトナの経営者が眉を顰めるだけのキワモノなのだろうか。​実はこの制度を使えば敵対的買収も回避できるのだ。

ユニゾの子会社化目指すブラックストーン 協議期限6度目の延長

ユニゾの子会社化目指すブラックストーン 協議期限6度目の延長

2019/11/28

ユニゾホールディングス(HD)の合意を条件に、TOB(株式公開買い付け)によるユニゾHDの完全子会社化を目指しているブラックストーンはユニゾHDとの協議期限を2019年12月6日まで延長すると発表した。

​2019年第3四半期 TOBプレミアム分析レポート

​2019年第3四半期 TOBプレミアム分析レポート

2019/11/19

2019年第3四半期のTOB件数(累計)は公表ベースで9件と前年同期(12件)より3件減。2014年以降の第3四半期では2016年の14件、2018年の12件に次ぐ3番目の高水準に。2019年累計は29件 で、前年同期(27件)より2件増。

【検証】ユニゾホールディングスへのTOB価格は妥当か

【検証】ユニゾホールディングスへのTOB価格は妥当か

2019/10/16

ユニゾホールディングス<3258>が株式市場の注目を集めています。フォートレスのTOBも不成立の公算大。結局のところ市場が納得する買収価格はいくらなのでしょうか。非流動性ディスカウントを考慮した適正株価を算出してみましょう。

ユニゾHD「基本方針」で考える 従業員の雇用保障と「企業価値向上」概念

ユニゾHD「基本方針」で考える 従業員の雇用保障と「企業価値向上」概念

2019/10/02

ソフトバンク傘下のフォートレスが行ったTOBに対し、当初賛同を表明していたユニゾHDが一転して意見を保留する旨を決議した。ユニゾの公表資料などを参考に、どこまでステークホルダーである従業員の利益を重視しうるか検討を試みたい。

ユニゾHDが「救い主」のソフトバンクに反旗を翻した理由

ユニゾHDが「救い主」のソフトバンクに反旗を翻した理由

2019/09/28

ユニゾHDはソフトバンクグループ傘下の米投資ファンド・フォートレスが実施中のTOBへの賛同意見を見直し、意見を留保すると発表した。H.I.Sによる敵対的TOBから守ってくれた恩人に「ノー」を突きつける異常事態となった。一体何が起こったのか。

大型M&Aを牽引するソフトバンク勢、ZOZO・ユニゾ・ヤフーを傘下へ

大型M&Aを牽引するソフトバンク勢、ZOZO・ユニゾ・ヤフーを傘下へ

2019/09/26

ソフトバンクグループとその傘下企業が国内の大型M&Aを牽引している。2019年も第3四半期(1~9月)を終えるが、買収金額の上位10傑中、ソフトバンク勢は2位、3位、6位にランクイン。資金力に勝るソフトバンク勢の面目を存分に発揮した格好だ。

【M&Aサマリー8月】72件は8月として過去10年で2番目、1000億円超は「対ユニゾTOB」など2案件

【M&Aサマリー8月】72件は8月として過去10年で2番目、1000億円超は「対ユニゾTOB」など2案件

2019/09/05

東証適時開示ベースで、8月のM&Aは前年同月比14件減の72件となった。前年を下回るのは5月以来の今年2回目。ただ、月別では3月82件、2月77件に続く今年3番目、8月としても過去10年で最高だった昨年に次ぐ2番目の高水準をキープしている。

HISのユニゾTOBが終了、争奪戦「撤退」が確定へ

HISのユニゾTOBが終了、争奪戦「撤退」が確定へ

2019/08/24

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)が不動産・ホテル業のユニゾホールディングスに実施したいたTOB が23日終了した。米投資ファンドの参戦で、HISの出方が注目されていたが、期限までに買付価格の引き上げなどを行わず、TOB撤退が確定した。

敵対的TOBのユニゾに救世主?「白馬の騎士」登場の可能性が急浮上

敵対的TOBのユニゾに救世主?「白馬の騎士」登場の可能性が急浮上

2019/08/14

旅行大手エイチ・アイ・エスから敵対的TOBを仕掛けられている不動産・ホテル業のユニゾホールディングスに対し、「ホワイトナイト(白馬の騎士)」が出現する可能性が急浮上している。その場合、候補企業として取りざたされるのは?

【ユニゾ株攻防】HISの敵対的TOB確定、米投資ファンドの大量保有も

【ユニゾ株攻防】HISの敵対的TOB確定、米投資ファンドの大量保有も

2019/08/07

ホテル事業や不動産事業を手がけるユニゾホールディングスは6日、旅行大手のHISが実施中のTOBに反対すると発表した。これにより、敵対的TOBが確定した。この日、米投資ファンドのエリオット・マネジメントによるユニゾ株の大量保有が判明した。

「ユニゾ株」高値推移、HISの思惑外れる?

「ユニゾ株」高値推移、HISの思惑外れる?

2019/07/30

ホテル・オフィス賃貸事業のユニゾホールディングスに対し、HISが実施中のTOBの成り行きに注目が集まっている。ユニゾ株価がTOB価格の1株3100円を上回る高値圏で推移し、このままでは予定の株式数を買い付けることが困難と見られるためだ。

ユニゾ、HISのTOBに「留保」を意見表明

ユニゾ、HISのTOBに「留保」を意見表明

2019/07/23

ユニゾホールディングスは23日、同社に対してHISが実施中のTOB(株式公開買付け)に関し、意見表明を留保すると発表した。ユニゾ側の意見表明次第では敵対的TOBに発展する可能性があったが、「留保」としたことで、ひとまず回避された形だ。

伊藤忠のデサントへの「敵対的TOB」が開けたパンドラの箱 ―ユニゾHDへの事前同意なき「イキナリTOB」に関する考察―

伊藤忠のデサントへの「敵対的TOB」が開けたパンドラの箱 ―ユニゾHDへの事前同意なき「イキナリTOB」に関する考察―

2019/07/12

不動産事業、ホテル事業のユニゾホールディングスに対して、旅行代理店大手でホテル事業にも力を入れているエイチ・アイ・エスが株式公開買付を開始した。この後仮に「反対」の意見が表明されることになれば、対デサントに続き2件目の敵対的買収となる。

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018年は副業元年。副業解禁で注目の大手企業

2018/05/12

副業を希望する人材と企業をつなげるシューマツワーカーが、事業拡大資金として4000万円の調達に成功したのをはじめ、今、世間から熱い注目を集めている副業市場。「副業元年」と呼ぶべき2018年になって副業解禁した大手企業を紹介する。

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

2017/08/23

テーマパークは、巨額のマネーが動き、地域経済にも多大な影響を与える産業であるがゆえに、M&Aが絡むケースも少なくない。今回は人気テーマパークの東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、那須ハイランドパーク、ハウステンボスのM&A変遷を追ってみたい。

【エイチ・アイ・エス】M&A本部を設置で目指す今後の拡大戦略は

【エイチ・アイ・エス】M&A本部を設置で目指す今後の拡大戦略は

2017/06/06

2010年にハウステンボスを子会社化するなど、ホテル事業やテーマパーク事業を拡大させる旅行業界大手のエイチ・アイ・エス。2016年10月には「M&A本部」設置を発表し、M&Aを拡大戦略に積極的に活用する方針を打ち出している。

てるみくらぶの「決算書」を読み解く

てるみくらぶの「決算書」を読み解く

2017/05/20

今年3月、格安海外旅行のてるみくらぶが負債151億円を抱えて破産した。旅行申込者の被害金額は100億円。その原因を同社の決算書から迫った。

旅行業界でM&Aが活発化 「オンライン」「旅ナカ」に熱視線

旅行業界でM&Aが活発化 「オンライン」「旅ナカ」に熱視線

2016/11/13

旅行業界でM&Aで活発化しています。「OTA」と呼ばれるオンライン専門の旅行会社が台頭し、実店舗を持つ大手旅行会社は苦戦を強いられています。打開策として大手旅行会社が熱い視線を送るのが、旅行中の観光やレジャー体験を取り扱う「旅ナカ」分野。各社は専門のベンチャー企業に出資や買収をして競争力の強化を急いでいます。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5