ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

前年比売上高1.5倍をたたき出したワークマンはなぜ強い?

alt

作業服専門店のチェーン展開を行うワークマン<7564>の2019年8月の売上高が前年比159.5%と、驚異的な数字をたたき出しました。ファーストリテイリング<9983>は109.5%、しまむら<8227>が101.4%なので、ワークマンの売上がいかに突出しているかがわかります。

同社の8月の客数は前年比138%、客単価が115.5%となっており、どちらも二桁増という荒業を成し遂げました。要因は2つあります。一つは酷暑による空調ファン付作業着など、冷感機能を持たせた商品の売れ行きが好調だったこと。もう一つはカジュアル路線のワークマンプラスのラインナップが伸びていることです。

株価は年初来高値7080円まで1.5倍上昇

ワークマンプライベートブランド
機能性の高いウェアを開発

ワークマンは2019年3月期の売上高が669億6900万円、営業利益が135億2600万円の企業です。規模は決して大きくありませんが、9月4日に時価総額で売上高7000億円のローソン<2651>を抜きました。株価はうなぎ上りです。

9月9日に年初来高値となる7,080円をつけ、上場来高値の10,410円が視野に入っています。同社株は6月27日に4,615円の安値をつけていました。ここ2カ月ほどで1.5倍に上昇したことになります。

株が買われている背景には、2020年3月期の業績予想が保守的なことが挙げられます。売上高は9.5%増の733億6000万円、営業利益は11%増の150億1000万円と予想。上振れへの期待感が株価を押し上げているのです。

月次売上高の推移を見れば、それも納得できます。

【ワークマン全店月次前年比】

売上高 客数 客単価
4月 121.9% 117.7% 103.6%
5月 136.1% 132.1% 103.0%
6月 140.2% 132.6% 105.8%
7月 119.8% 115.3% 103.9%
8月 159.5% 138.0% 115.5%

ワークマン月次売上より

驚くべきは、新店舗を含まない既存店の8月売上高も154.7%となっていること。出店効果によって増収を達成しているのではなく、客数と客単価でしっかりと伸ばしているのです。

ワークマンは2020年3月期第1四半期において、作業着カテゴリの売上高が90億円で前年同期比33.2%増となりました。熱中症対策のファン付作業着が好調で、この商品は昨年と比べて121.4%増という桁違いの伸びを記録しています。この流れは8月の酷暑で加速しました。

NEXT STORY

日本に「無人コンビ二時代」は来るか?ー「意外な伏兵」の参入も

日本に「無人コンビ二時代」は来るか?ー「意外な伏兵」の参入も

2019/03/11

店主が本部の指示に従わず時短営業に踏み切った「東大阪の乱」で、大揺れのセブン-イレブン・ジャパン。背景には、深刻な労働力不足がある。ならば人手に頼らなければよいのではないか?つまり無人店舗の導入だ。が、セブン-イレブン側は消極的だ。なぜか?