maneoマーケットの8割超の株式をNLHDが株式取得、信頼回復を目指す

公開日付:2019.09.18

 ソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケット(株)(TSR企業コード:297202863、千代田区)は9月17日、前代表の瀧本憲治氏が保有していた株式(84.95%)を、NLHD(株)(TSR企業コード:297880411、東京都港区)に売却することを取締役会で承認したと発表した。同時に、新たに4名の取締役、1名の監査役を選任する予定も明らかにした。
 maneoマーケットは2018年7月、金融庁からファンドの虚偽記載などで業務改善命令を受けて信用が失墜。今年3月には投資家から訴訟を提起され、信用回復が急務になっていた。
 NLHDは、東証2部上場のJトラスト(株)(TSR企業コード:570303931、東京都港区)、ジャスダック上場のSAMURAI&J PARTNERS(株)(TSR企業コード:571546560、東京都港区)など、第一種・第二種金融商品取引業の企業株式を保有している。今後はグループ連携を強める意向だ。
 同日、SAMURAI&J PARTNERSは適時開示で、「NLHD社と当社は、maneo等の信用回復に向け取り組みへの協議を重ねている。当社グループがmaneo等に取り組んでいくことで、ソーシャルレンディング業界の信用回復に貢献できると考えている」とリリースした。
 maneoマーケットは9月25日、株主総会を招集し、総会後に代表取締役を決定する予定。
 「maneoマーケット」の信頼回復がソーシャルレンディングの地位向上に繋がるか、NLHDの取組みに注目が集まる。 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年9月19日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

東京商工リサーチ「データを読む」より