menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

Cover e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8
東京・銀座のランドマーク…リコー創業者・市村清ゆかりの「三愛ビル」

    リコー<7752>が2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。複合機や複写機、プリンターなど事務機市場が先進国を中心に頭打ちとなる中、業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。高コスト体質の見直しなど構造改革に見通しがついてきたことから、成長領域の開拓加速に向けてM&Aにアクセルを踏み込む。リコー復権ののろしは上がるのか。

10年の停滞から脱し、成長にかじを切る

「成長にかじを切り、全社一丸となって高い目標に挑戦する」。2月6日、山下良則社長・CEOは2022年度までの5年間の成長戦略を発表する席上、こう力強く語った。最終の2022年度に売上高2兆3000億円(2016年度実績2兆288億円)、営業利益1850億円(同388億円)を目標に掲げた。このうち営業利益は2007年度(1815億円)以来の過去最高を見込む。

オフィスの必需品…複合機(リコー提供)

 リコーは2007年度(2兆2199億円)まで14年連続増収を達成し、「営業力のリコー」「野武士集団」の面目躍如たるものがあった。2008年には、同社として過去最大のM&Aを実現。米国の大手事務機ディーラー、アイコンオフィスソリューションズ(現リコーUSA、ペンシルベニア州)を約1600億円で買収し、アイコン社が米欧で展開する400以上の販売・サービス拠点を手に入れた。これと時期を同じくて起きたのがリーマンショックだ。

  先進国を中心にオフィスのペーパーレス化が進展するのに伴い、市場の縮小傾向が加速し、リコーの業績にも急ブレーキがかかった。以降、売上高は年によって振幅があるものの、全体として下降線をたどった。複写機を設置後はトナーや用紙の消耗品で稼ぐビジネススタイルは大きな曲がり角を迎えたのだ。一方で、買収したアイコン社の約2万4000人の従業員が加わったことも手伝い、固定費負担が経営を圧迫し始めた。この結果、売り上げが増えないまま、本業のもうけを示す営業利益は今や最盛期の5分の1に落ち込んだ。つまり、リーマンショックを境に成長が止まったも同然なのだ。 

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

社員の「健康状態」で変わるM&Aの行方 パブリックヘルス協議会 木村もりよ代表理事インタビュー

社員の「健康状態」で変わるM&Aの行方 パブリックヘルス協議会 木村もりよ代表理事インタビュー

パブリックヘルス協議会は健康診断データを解析して役に立つようにしようという取り組みを進めている。社員を大切にしなければ企業は伸びていかないとの考えがあるためだ。これはM&Aにおいても同様で、社員の健康がM&Aの成功を左右するとう。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92