menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

Cover e8a6001e 7b94 45eb b24f 9e13a94cc72c
安川電機本社社屋

    安川電機<6506>は2025年度に向けてM&Aを積極化する。メーン事業であるモーションコントロールやロボットはもちろん、電気自動車や風力、太陽光発電なども対象とし、2025年を最終年とする経営計画「2025年ビジョン」の達成を、M&Aを駆使して目指す作戦だ。2025年まであと8年。現時点で「具体的な案件はない」(広報・IR部)とはしているものの、2018年からは次第に案件が表面化してきそうだ。

 安川電機が策定した「2025年ビジョン」では、最終年度の2025年に目指す数値として、売上高が2016年3月期の実績である4113億円の2倍以上、営業利益が2016年3月期の実績の367億円対し1000億円以上という目標を掲げている。10年間で売上高を2倍以上に拡大し、営業利益を3倍ほどにするという挑戦的なものだ。このため通常の事業の成長に加え、一気に数字の上積みが見込めるM&Aへの関心が高まっているわけだ。


2025ビジョン数値目標

2015年3月期実績2025年目標
売上高 4113億円 2倍以上(2016年3月期比)
営業利益 367億円 1,000億円以上
利益率 8.90% 10%以上

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

ソニーさん、今度こそaiboを「使い捨て」にはしませんよね?

ソニーさん、今度こそaiboを「使い捨て」にはしませんよね?

ソニーが犬型のペットロボット「aibo(アイボ)」に再挑戦する。発売は18年1月。本体価格19万8,000円(税別、以下同)と高価ながら、初回と2回目の予約分を完売した。アイボ人気は衰えていないようだ。しかし、問題は長期サポート。1999年に登場した先代モデルたちはサポートを打ち切られ、ユーザーから不満の声が上がっていた。さて、新型「aibo」はどうなる?


注目の記事

Thumb a74d3946 3b82 4cfc b75b 60ab0694085b

「やっぱりあさくま」対「いきなり!ステーキ」の仁義なき戦い

テンポスホールディングスの子会社あさくまが、新業態「やっぱりあさくま」をオープンしました。リブロースステーキが1グラム当たり6.9円と株式市場を賑わす「いきなり!ステーキ」を相当”オマージュ”した様子。新業態を起爆剤に上場の夢を果たせるでしょうか。

Thumb be79808e 2eb5 42f4 bca2 a7d95b8b488d
Thumb d90165c3 76c8 4aea 9ba4 1e345cdb709c
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c