M&A速報

オーバル<7727>、横河電機<6841>から樹脂型渦流量計事業を取得

2018/08/22

流体計測機器最大手のオーバルは、横河電機の樹脂型渦流量計事業を取得することを決議した。

横河電機は1969年に世界で初めて渦流量計を製品化し、この分野で高い評価を得ている。オーバルは流体計測機器の大手で、今回の事業取得により流量計分野の品ぞろえを拡充する。対象事業の直近3年間の年間売上高は6億~8億円。

取得価額は未定。取得予定日は2019年4月。

M&Aデータベース

関連の記事

人気の街「吉祥寺」、そのルーツとは?

人気の街「吉祥寺」、そのルーツとは?

2020/07/26

東京都内で憧れの街の一つが吉祥寺(武蔵野市)。暮らしたい街ランキングでは常に上位に顔を出す。老若男女を引きつけてやまない吉祥寺だが、街名である「吉祥寺」の由来とは?

【リコー】「再成長」へM&A投資  2000億円

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

2018/02/15

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

2018/01/09

安川電機<6506>は2025年度に向けてM&Aを積極化する。メイン事業であるモーションコントロールやロボットはもちろん、電気自動車や風力、太陽光発電なども対象とし、2025年を最終年とする経営計画「2025年ビジョン」の達成を、M&Aを駆使して目指す作戦だ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5