流体計測機器最大手のオーバルは、横河電機の樹脂型渦流量計事業を取得することを決議した。

横河電機は1969年に世界で初めて渦流量計を製品化し、この分野で高い評価を得ている。オーバルは流体計測機器の大手で、今回の事業取得により流量計分野の品ぞろえを拡充する。対象事業の直近3年間の年間売上高は6億~8億円。

取得価額は未定。取得予定日は2019年4月。