menu
Social media

【今治造船】「大手も沈む」構造不況で中堅造船所が成長した理由

Cover 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
2017年に完成した丸亀新ドックの全景(同社ニュースリリースより)

 今治造船は瀬戸内海を拠点とする新造船竣工量で国内最大手の造船会社だ。だが、1980 年代まではローカルの中堅造船所にすぎなかった。しかも大手造船会社に追い着き追い越して国内トップの座についた時期は、「造船王国ニッポン」の没落期と一致する。「業況が悪化すれば中堅以下の企業が脱落し、大手企業を中心に業界再編が起こる」のがセオリーだが、国内造船業界は全く逆の動きになった、なぜ今治造船は造船業界の構造不況をバネに成長を続けることができたのか。

西条工場で進水した世界最大級2万TEU型クラスの超大型コンテナ船(同社ニュースリリースより)

地場中小造船所の合併で誕生

 今治造船の歴史は「M&Aの歴史」そのものと言っていい。1901年−20世紀の幕開けとともに檜垣為治氏が設立した檜垣造船所は、愛媛県の一ローカル造船所だった。最初の成長のきっかけは1940年にやって来る。その背景には厳しい資材調達事情があったという。日中戦争が泥沼化し、軍備が増強される時期にあって、造船用の資材はもっぱら軍艦をはじめとする軍需産業に回された。

 軍艦を製造する大手造船は「戦時特需」で潤ったが、割りを食ったのは民間船を手がける中小零細の造船所である。需要があっても資材がなければ生産はできない。太平洋戦争に突入する前年の1940年には、民需用造船資材の逼迫が深刻になっていた。そこで同年暮れに檜垣造船、村上(実)造船、渡辺造船、村上造船、吉岡造船、黒川造船の6社が合併して「今治造船有限会社」を設立した。合併によるスケールメリットで、資材調達を有利に運ぶのが目的である。

 その当時、経営統合で誕生した今治造船と並ぶ造船所が今治市にもう一社存在した。今治市内の無尽会社(後の相互銀行、現在の第二地方銀行)や鉄工所、建築会社、電業会社、呉服店など市内の大手商工業者が出資した今治船渠だ。1942年には今治造船と今治船渠が合併し、「今治造船株式会社」が発足する。

アーカイブス

NEXT STORY

どちらが適切なのか?M&Aの片手取引と両手取引

どちらが適切なのか?M&Aの片手取引と両手取引

M&Aの売り手と買い手にそれぞれ別のM&Aアドバイザーがつく形態を「片手取引」、売り手と買い手の間に同じM&Aアドバイザーが入る形態を「両手取引」と呼びます。いずれの形態にもメリット・デメリットがありどちらかが優れている訳ではありません。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92