【三菱ケミカル】M&Aでどんな化合物が誕生するか

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

 三菱ケミカルホールディングス(HD)<4188>の中核企業である三菱ケミカルは、三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンの3社が合併して2017年4月に誕生した。3社の経営資源を結集し、社会に役立つ価値の創造に挑戦していくのが目標だ。三菱ケミカルの越智仁社長は「KAITEKI実現」というビジョンを掲げ、世界の持続的な発展と、自社の持続的な成長を目指す、と宣言した。合併により年商2兆円を超える化学メーカーに生まれ変わった同社では、今後どのような化学反応が起こるのか。新たな化合物の誕生に注目が集まる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5