(株)DTS(以下「DTS」)は、組込み関連ビジネスを展開する横河ディジタルコンピューター(株)(以下「横河ディジタル」)の株式の90%を横河電機(株)から取得し、子会社化することを発表した。

DTSは、中期経営計画において、その取り組みの一つとして第三の柱の育成を掲げており、組込みビジネスの拡大などIT市場の成長が期待できる事業基盤の構築に取り組んでいるとのこと。

今回、DTSグループが横河ディジタルを子会社化し、同社の持つ技術基盤や顧客基盤と連携することで、今まで以上にお客様の付加価値向上に貢献することが可能と判断し、横河ディジタルの株式を取得したとしている。

株式譲渡価格は非公表。

株式譲渡実行予定日は2014年4月1日。