M&A速報

DTS<9682>、横河電機<6841>の組込み関連事業子会社を取得

2014/02/28

(株)DTS(以下「DTS」)は、組込み関連ビジネスを展開する横河ディジタルコンピューター(株)(以下「横河ディジタル」)の株式の90%を横河電機(株)から取得し、子会社化することを発表した。

DTSは、中期経営計画において、その取り組みの一つとして第三の柱の育成を掲げており、組込みビジネスの拡大などIT市場の成長が期待できる事業基盤の構築に取り組んでいるとのこと。

今回、DTSグループが横河ディジタルを子会社化し、同社の持つ技術基盤や顧客基盤と連携することで、今まで以上にお客様の付加価値向上に貢献することが可能と判断し、横河ディジタルの株式を取得したとしている。

株式譲渡価格は非公表。

株式譲渡実行予定日は2014年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

人気の街「吉祥寺」、そのルーツとは?

人気の街「吉祥寺」、そのルーツとは?

2020/07/26

東京都内で憧れの街の一つが吉祥寺(武蔵野市)。暮らしたい街ランキングでは常に上位に顔を出す。老若男女を引きつけてやまない吉祥寺だが、街名である「吉祥寺」の由来とは?

【リコー】「再成長」へM&A投資  2000億円

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

2018/02/15

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

2018/01/09

安川電機<6506>は2025年度に向けてM&Aを積極化する。メイン事業であるモーションコントロールやロボットはもちろん、電気自動車や風力、太陽光発電なども対象とし、2025年を最終年とする経営計画「2025年ビジョン」の達成を、M&Aを駆使して目指す作戦だ。

M&A速報検索

クリア