menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【りそなホールディングス】関西3地銀の再編を主導、M&Aの封印を解く…?

Cover 716569ed 147a 4f87 bb34 138e468e8faf
りそなホールディングス東京本社(東京都江東区)

 りそなホールディングス<8308>がM&Aや海外展開など投資戦略を積極化している。2015年6月、公的資金を3年近く前倒しで完済し、経営のフリーハンドを得たことが大きい。2018年4月には関西の3銀行が経営統合して「関西みらいフィナンシャルグループ(FG)」が発足するが、こうした系列をまたぐ地銀再編の主導権を握るのがりそなHDだ。

持ち株会社「関西みらいFG」を設立

「本邦有数にして関西最大の地域金融グループとして、新たなリテール金融サービスモデルの構築を目指す」。

 こんなうたい文句とともに、りそなHDと三井フィナンシャルグループ<8316>がそれぞれの傘下にある関西の3銀行を経営統合することで基本合意したのは2017年3月。持ち株会社の下に、りそな系地銀の近畿大阪銀行(本店・大阪市)と三井住友系第二地銀の関西アーバン銀行(同)<8545>とみなと銀行(本店・神戸市)<8543>が結集する内容で、以降、統合準備を着々と進めてきた。

 2017年9月、持ち株会社の名称を「関西みらいフィナンシャルグループ」と決定。続いて11月、りそなHDは、この持ち株会社を全額出資子会社として設立し、傘下にまず近畿大阪銀を移管した。新会社の本店は現在のりそなHD大阪本社ビル(大阪市)に置き、りそなHDの菅哲哉代表執行役が社長に就任した。

 株式上場している関西アーバン銀とみなと銀については、りそなHDが2017年12月末から、TOB株式公開買い付け)を実施中(2018年2月14日まで)。ちなみに、TOB価格は関西アーバン銀が1株1503円、みなと銀が同2233円。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【ベクトル】M&A 活用し、PR会社アジアNO1の座を目指す 

【ベクトル】M&A 活用し、PR会社アジアNO1の座を目指す 

PR会社のベクトルは、これまで新規分野への参入や新しい地域での事業展開などの際にM&Aを活用してきた。業界でアジアナンバーワンになること目指す同社の西江肇司社長にとってM&Aが果たす役割は小さくなさそうだ。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92