M&A速報

フューチャー<4722>、ワイ・ディ・シーを子会社化

2016/12/06

システムインテグレート事業を行うフューチャーアーキテクト子会社のフューチャーは、情報システムのコンサルティング及びソフトウェアライセンスの販売、保守、運営等を行うワイ・ディ・シー(売上高48億円、営業利益3億円、純資産19億円、以下YDC)の株式75%を横河電機より取得し子会社化することを決議した。

フューチャーはYDCを子会社化することで、YDCがYOKOGAWAグループの中で培ってきた製造業に関する深い業務知識やITサービスのノウハウと、フューチャーのITに関する高い知見や技術力を同期させ、より付加価値の高いサービスを創出し、グループの一層の成長に貢献できると考えている。

株式譲渡価額は20億円。

譲渡実行予定日は平成29年1月5日。

M&Aデータベース

関連の記事

人気の街「吉祥寺」、そのルーツとは?

人気の街「吉祥寺」、そのルーツとは?

2020/07/26

東京都内で憧れの街の一つが吉祥寺(武蔵野市)。暮らしたい街ランキングでは常に上位に顔を出す。老若男女を引きつけてやまない吉祥寺だが、街名である「吉祥寺」の由来とは?

新型コロナ、株主総会の開催に影響⁈

新型コロナ、株主総会の開催に影響⁈

2020/03/05

新型コロナウイルスの感染拡大が株主総会の開催にも影響を及ぼしつつある。新築戸建住宅の分譲を手がけるハウスフリーダムは4日、3月16日に開く株主総会の会場を変更する発表した。会場に予定していた施設が新型コロナ対策として休館となったためだ。

【リコー】「再成長」へM&A投資  2000億円

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

2018/02/15

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

【安川電機】10年で売上2倍、利益3倍に

2018/01/09

安川電機<6506>は2025年度に向けてM&Aを積極化する。メイン事業であるモーションコントロールやロボットはもちろん、電気自動車や風力、太陽光発電なども対象とし、2025年を最終年とする経営計画「2025年ビジョン」の達成を、M&Aを駆使して目指す作戦だ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア