システムインテグレート事業を行うフューチャーアーキテクト子会社のフューチャーは、情報システムのコンサルティング及びソフトウェアライセンスの販売、保守、運営等を行うワイ・ディ・シー(売上高48億円、営業利益3億円、純資産19億円、以下YDC)の株式75%を横河電機より取得し子会社化することを決議した。

フューチャーはYDCを子会社化することで、YDCがYOKOGAWAグループの中で培ってきた製造業に関する深い業務知識やITサービスのノウハウと、フューチャーのITに関する高い知見や技術力を同期させ、より付加価値の高いサービスを創出し、グループの一層の成長に貢献できると考えている。

株式譲渡価額は20億円。

譲渡実行予定日は平成29年1月5日。