menu
Social media

ビジネス

半導体のクアルコムがNXP買収で依存から抜けるってよ

Cover bd601611 ac5b 40c8 9f99 5135341ba8d6

世の中はスマホからIoTだ

クアルコム

スマートフォン向け半導体大手のアメリカのクアルコムが、同業でオランダの半導体大手のNXPセミコンダクターズをおよそ370億ドルで買収すると関係筋が明らかにしました。

もし買収が実現すれば半導体業界ではソフトバンクのARMに続いて大きな動きになります。

スマホからの脱却

10月21日のロイターによれば、スマートフォン向け半導体大手のクアルコムは、同業のオランダの半導体大手NXPセミコンダクターズをおよそ370億ドルで買収を検討しているとして、その合意も近いとし、数日中にも発表される可能性があると伝えました。

今回の買収が実現すれば、クアルコムはNXPに対して1株当たり現金で110ドルを支払う予定となっています。この買収価格に関してはクアルコムに有利であると投資家は考えているようです。

買収報道を受けてクアルコムの株価は当日約2%の上昇を見せました。

クアルコム 株価

一方、NXPは3%安で取引されました。

NXP 株価

クアルコムはスマホ向け画像処理半導体で急成長してきました。

しかし近年はスマホ販売の減速に加えて、中国や台湾などとの競争にさらされている影響を受けています。

スマホ市場が急速に成熟したため、クアルコムだけではなく、半導体メーカーは次の戦略を考えなくてはなりません。その戦略の一つがIoTということになるかもしれません。

今回の買収が実現すれば、クアルコムはNXPが展開している自動車メーカー向けの半導体で有力な企業となり、スマートフォン向け半導体の大きなシェア依存から、別分野へ領域を広げることができます。

海外でのM&A事情

NEXT STORY

ジョンソンエンドジョンソンがバイオ企業アクテリオンに買収打診

ジョンソンエンドジョンソンがバイオ企業アクテリオンに買収打診

スイスの製薬会社アクテリオンにジョンソンエンドジョンソンが買収を打診したようです。アクテリオンとはどのような会社なのでしょうか。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344