menu
Social media

ビジネス

『やっぱりTモバイルが好き』 AT&Tの買収に続くかコムキャスト

Cover bff71710 b1ef 4b2a 9361 422ce1da3bf4

好かれるTモバイル

AT&Tによるタイム・ワーナーの買収が業界再編の波を起こすか注目されていました。

ただ、アメリカ次期大統領に決まったドナルド・トランプ氏がAT&Tによるタイム・ワーナーの買収に反対しており、この件に関しては暗雲が立ちこめていましたが、雲行きが変わりそうです。

カギを握るFCCの軟化

アメリカ次期大統領選中の10月22日、共和党候補だったドナルド・トランプ氏が吠えました。
「おれが大統領になったらAT&Tのタイム・ワーナー買収なんて認めねーぞ!」
少数の会社に権力が集中してしまうことを懸念しました。

さらに2013年にケーブルテレビ大手のコムキャストによるNBCユニバーサルの買収についても解体を検討すると明言しました。

これらの発言がどこまで本気なのかわかりませんでしたが、AT&Tのタイム・ワーナー買収案は雲行きが怪しくなりました。

しかし、アメリカ次期大統領にトランプ氏が決まると、それまでの彼の強気発言から一転、ソフト路線へと舵を切ったかのように見受けられました。

AT&Tの買収に関しても、これに関係するニュースが伝えられました。

11月21日のロイターが伝えたところによると、トランプ次期米政権の下で連邦通信委員会(FCC)は緩やかな規制を志向し、通信業界の大規模な合併に前向きな姿勢を示すと伝えました。

トランプ氏の政権移行チームはエコノミストのジェフ・アイセナッチ氏とスプリントのロビイストを務めたマーク・ジャミソン氏に、FCCの新たなメンバーと政策を検討するよう要請。両氏とも過去に大型合併に支持を表明していました。

レコン・アナリティクスのアナリスト、ロジャー・エントナー氏は両氏の起用について、
「規制を緩くし競争により重点を置いた典型的な共和党のFCC」
「新たな規制の策定よりも規制緩和が焦点になる」
と語りました。

アイセナッチ氏はAT&TやスプリントによるTモバイルの買収を支持していたといわれており、これまで通信業界で実現しなかったコムキャストによるタイム・ワーナー買収やAT&TのTモバイル買収に反対したFCCに変化が現れるかもしれません。

これによりトランプが反対していたAT&Tによるタイム・ワーナー買収にかかっていた雲は晴れる予報に変わりそうです (注:トランプ氏は二転三転するので合併が現実になるかは依然不透明です)。

出典:米FCC、トランプ政権下で大型合併支持に方針転換も | ロイター

海外でのM&A事情

NEXT STORY

伊藤園はお茶だけでない コーヒー・乳製品にも進出 M&A駆使し総合飲料メーカーへ

伊藤園はお茶だけでない コーヒー・乳製品にも進出 M&A駆使し総合飲料メーカーへ

「おーいお茶」で知られる伊藤園がM&Aを駆使して総合飲料メーカーへの脱皮を急いでいます。タリーズコーヒーの運営会社を買収したほか、乳製品市場にも進出しました。ただ大手2社と比べて規模は小さく、再編に巻き込まれるリスクも浮上しています。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344