menu
Social media

ビジネス

Watson(ワトソン)で事業拡大となるか IBM過去3年間の買収まとめ

Cover 1358d5e5 ce42 4741 98bf e94ff9311934
※画像はイメージです

ハードからソフトへ、そしてモノからヒトへ

1911年6月、IBMの前身として米国ニューヨーク州ブルーム郡エンディコットに「ザ・コンピューティング・タビュレーティング・レコーディング・カンパニー (C-T-R : The Computing-Tabulating-Recording Company)」が設立された。C-T-Rは3つの企業が合併して誕生した。これを束ねたのがトーマス・ワトソン Sr.氏である。1924年のニューヨーク証券取引所に上場する際、International Business Machinesから頭文字をとってIBMと名づけた。

それから1世紀が経ち、IBMは世界のビッグカンパニーとなった。全世界の従業員数は約43万人。世界170カ国以上に拠点を持ち、売上高は約1,000億米ドル(11.2兆円)。大株主第一位は、ウォーレン・バフェット氏である(81,042千株、保有割合8.4%)。

かつてはサーバーなどの巨大な中央集権型コンピューターを中心としたハードウェア機器の販売が強みだったが、PC部門(2005年)とサーバ事業(2014年)をレノボへ売却。ハードウェアからソフトウェアへ、モノからサービスへとビジネスを変換してきた。クラウドビジネスを支える仮想化技術は、IBMにとって過去に蓄積されたノウハウが活きる分野であることがわかる。

外資系企業・金融

NEXT STORY

負ののれん 続編

負ののれん 続編

負ののれんの意味と発生要因について書いた『負ののれん』の続編です。さらに理解を深めましょう。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c