スプリントがJay ZのTidalの33%を買収したことに関して。スプリントにどのようなメリットがあるのか?

※本記事は、PLAYATUNER より転載しております。
KAZUAKI WATANABE (Kaz Skellington):Steezy, inc 代表

Sprint × Tidal

先週、米携帯キャリアとして知られるスプリントが、Jay ZのTidalの33%を買収したとの報道で、「音楽 × IT」界隈がとても盛り上がっていた。スプリントと言えば、2013年にソフトバンクの子会社になったことが記憶に新しい。Tidalは今まで「ユーザー数をかさ増ししている」とのニュースであったり、「インディーズレーベルに売上を還元することに苦戦している」というニュースであったり、かなりビジネスとして前途多難だと報道されていた。

そのため、今回のスプリントによる33%の獲得は、完全にTidalのメリットばかりに注目されていると感じる。金銭的に困っているところ230億円ほどが入ってきたので、それはTidalにとってはもちろん勝ちであるであろう。しかしあまりスプリントにとってのメリットが他のヒップホップメディアには書かれていなかったので、少しTidalについて考えてみたいと思う。

10倍以上の評価額

まず今回の33%獲得によって明らかになったTidalの市場価値である。Jay Zが2015年にTidalを買収したときは、評価額はおよそ$56 million(65億円ほど)となっていたが、今回33%の割合で$200 million(230億円ほど)となっている。ということは今回の買収後、評価額は全体で$600 million(700億円ほど)の価値があるということになる。そう、Jay Zが買収してから評価額が10倍以上になっているのである

さすがJay Z!ビジネスマン!と言いたくなるが、例えユーザー数を偽っていたとしても、客観的にみてこの評価額になったということは、スプリントがこれからやるべく提携にそれほどの期待が寄せられているのであろう。

スプリント V.S. 他携帯キャリア

スプリントはソフトバンクに買収されたことからわかるように、米携帯キャリアのなかでは競争に負けていたとされている。実際にシェアはほぼVerizon、AT&T、T-Mobileによって占拠されていると言っても過言ではない。そして日本でも大体の携帯キャリアが7GBの制限をかけているなか、アメリカでもキャリアはそのような制限をかけている。下の図を見ることにより、スプリントは「データ」に力を入れていることがわかる。

https://www.sprint.com/landings/unlimited-cell-phone-plans/index.html