menu
Social media

ビジネス

スプリントがJay ZのTidalの33%を買収したことに関して。スプリントにどのようなメリットがあるのか?

Cover 85767bd0 2963 4809 9dcc 4750cb3e42ab

スプリントがJay ZのTidalの33%を買収したことに関して。スプリントにどのようなメリットがあるのか?

※本記事は、PLAYATUNER より転載しております。
KAZUAKI WATANABE (Kaz Skellington):Steezy, inc 代表

Sprint × Tidal

先週、米携帯キャリアとして知られるスプリントが、Jay ZのTidalの33%を買収したとの報道で、「音楽 × IT」界隈がとても盛り上がっていた。スプリントと言えば、2013年にソフトバンクの子会社になったことが記憶に新しい。Tidalは今まで「ユーザー数をかさ増ししている」とのニュースであったり、「インディーズレーベルに売上を還元することに苦戦している」というニュースであったり、かなりビジネスとして前途多難だと報道されていた。

そのため、今回のスプリントによる33%の獲得は、完全にTidalのメリットばかりに注目されていると感じる。金銭的に困っているところ230億円ほどが入ってきたので、それはTidalにとってはもちろん勝ちであるであろう。しかしあまりスプリントにとってのメリットが他のヒップホップメディアには書かれていなかったので、少しTidalについて考えてみたいと思う。

10倍以上の評価額

まず今回の33%獲得によって明らかになったTidalの市場価値である。Jay Zが2015年にTidalを買収したときは、評価額はおよそ$56 million(65億円ほど)となっていたが、今回33%の割合で$200 million(230億円ほど)となっている。ということは今回の買収後、評価額は全体で$600 million(700億円ほど)の価値があるということになる。そう、Jay Zが買収してから評価額が10倍以上になっているのである

さすがJay Z!ビジネスマン!と言いたくなるが、例えユーザー数を偽っていたとしても、客観的にみてこの評価額になったということは、スプリントがこれからやるべく提携にそれほどの期待が寄せられているのであろう。

スプリント V.S. 他携帯キャリア

スプリントはソフトバンクに買収されたことからわかるように、米携帯キャリアのなかでは競争に負けていたとされている。実際にシェアはほぼVerizon、AT&T、T-Mobileによって占拠されていると言っても過言ではない。そして日本でも大体の携帯キャリアが7GBの制限をかけているなか、アメリカでもキャリアはそのような制限をかけている。下の図を見ることにより、スプリントは「データ」に力を入れていることがわかる。

https://www.sprint.com/landings/unlimited-cell-phone-plans/index.html

海外でのM&A事情

関連のM&Aニュース

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

【プラザクリエイト】プリントからモバイルへ 写真市場の変化にM&Aで対応

【プラザクリエイト】プリントからモバイルへ 写真市場の変化にM&Aで対応

プラザクリエイト<7502>と言えば、フォトショップの「パレットプラザ」や「55ステーション」で知られる。しかし近年ではM&Aを活用して携帯電話の販売事業を拡大。写真プリント市場の縮小を乗り越えようとしている。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544