そもそもLinkedInって何?

簡単にいえば、ソーシャル転職サイトです。リクナビとかにソーシャル機能が付いたみたいなものではありません。リクナビはリクナビの担当者や企業の人事が採用したい人を探すもしくはその逆と情報やアクションが個の対で成り立っています。しかし、LinkedInは個のビジネスの繋がりが存在します。これが大きな違い。
海外では誰もが持っているSNSです。日本ではいわゆる大手日本企業の人事がこのLinkedInを使いこなせないという事も背景にあり、流行っていません。アカウントだけ持っている。という人が殆どだと思います。
私もLinkedInのアカウントは持っていますが繋がりこそ作れど仕事に繋がったりとかはありません。ただ、結構バンバンオファーは来ます。ピンきりという言い方が正しいとは思いませんが、外資系の企業からのオファーは確実に貰えると思います。日系企業が良いという方は現時点では登録しなくても問題ないと思います。

日本と海外で転職ビジネスモデルが大きく違う

人材エージェンシーというのは日本でも世界でも存在します。しかし、USにおいてはほぼLinkedInで募集案内を探し、自分でエントリーします。また、履歴書やスキル説明に、自分で記載したものと、他人が認めたスキルが記載されます。説明しにくいのですが、以下のような画面です。

f:id:crossmobile2011:20160614132230p:plain

このように、知人が自分のスキルを評価します。これが、自他共認める形になるので、採用者の判断に大きく寄与する仕組みです。しかし、これは割りと適当にスキルを支持してくれている背景もあるので、参考程度ですね。
この仕掛が分からないと採用者は凄いスキルの人を採用し、年俸も高かったのに効果が悪かった、、、なんて事にもなるかもしれません。そして、ビジネスモデルとして成功報酬というものが諸外国ではあまり浸透していません。日本は年俸の3割とか成功報酬でエージェンシーに流れますのでかなり高額です。転職応援企業が多いのも頷けます。不動産仲介企業並に多いと思います。それだけ人材が流動的だという事でしょう。
しかし、島国日本だからこそエージェントと会って、という流れになりますが、USではNYで働きたいサンフランシスコ在住者が居た場合、Skypeにて面談を行い、採用となったらNYに渡る。という流れになります。日本でも無くはないですが、それが一般的です。日本の転職仲介企業は多すぎです。最近色々なカテゴリーにフォーカスした專門企業も増えてきていますね。

【次のページ】 マイクロソフトの過去の買収