menu
Social media

ビジネス

FitBitがPebbleを買収

Cover 6a752e0b 40e8 4102 a41e f9f6b8576504

Pebbleという元祖スマートウォッチともいうべき製品をご存知ですか?

Pebble Smartwatch | Smartwatch pour iPhone et Android

電子ペーパーを用いた長時間駆動、開発者にとっては自由度の高いカスタマイズ性があり、当初から気になっていた製品でした。
今年に裏面に光学式心拍数計の付いたPebble2、その金属筐体+カラー版のPebble time2の出資キャンペーンが開始されました。

1万円台から購入可能&電池持ち1週間の実用的なスマートウォッチ「Pebble 2&Time 2」が登場 - GIGAZINE

Apple watch 2の発表前(公式には未発表、でも噂は広まっていた)という時期だったので、結構悩んだ末に、Pebble time 2への出資を決めました。
・・・・・・
それなのに、昨日12/7 23時になって飛び込んできたのは、Fitbitに買収されて、Pebble time 2の開発は中止し、出資金は返金するという衝撃的なニュースでした。

( ̄ ○ ̄)

Pebble - Pebble’s Next Step
Fitbit、Pebbleの主要人材とソフト・知財関係の買収を発表。Pebbleは全製品の生産販売を打ち切り - Engadget 日本版

Kickstarter経由での出資者の私には正式なKickstarterページでのアップデートとしてのアナウンスもなされました。
Fitbitは日本でも展開されているフィットネストラッカーの雄です。
アクティビティ記録デバイスなどの情報が得られる Fitbit オフィシャルサイト

一時期使っていたこともありますが、フィットネスに特化しすぎていること、それでいてやや閉鎖的で、例えば他社のBluetoothセンサーとの接続はFitBit単体でもそのアプリでも使用できず自転車のケイダンス(ペダル回転数)を取り込めないことなどから避けてました。

そのFitBitに買収・・・
Pebbleに感じた自由度、楽しさが失われるような気がします。

ま、代わりにFitBit製品をくれるとかではなく、そのまま出資金は返ってくるという策なのは好意的に受け取りましょう。

海外でのM&A事情

NEXT STORY

【中小企業のM&A】 失敗しない買い方

【中小企業のM&A】 失敗しない買い方

今回は中小企業を買収する場合のポイントについてまとめてみました。M&Aを成功させるための勘所をご紹介します。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344