ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ワンストップ型ビジネスソリューションの巨人 IBM

alt

 IBM(International Business Machines Corp.)は企業や公的機関にハード・ソフト・サービスを中心にワンストップ型のビジネスソリューション(戦略策定・分析・開発・運用保守など)を提供する。

 1911年の創業以来コンピューター業界の巨人(ビッグブルーと呼ばれていた)だったが現在はハードウェア部門は縮小しつつ、コンサルティング等サービス事業の比重が増している。ダウ平均株価指数には1979年6月29日に採用された。

IBMの知財戦略

 1993年から2014年までの22年間連続で米国での特許取得件数で第一位(特許取得件数が年間7000件を超える)これにより通算100億ドルを軽く超える特許使用料収入がある。使用しているパテントライセンス交渉のテーブルにつかない他社を特許侵害で提訴(Amazon、プライスライン)したり、また、それに伴うTwitterやFacebookからの特許の買収にも応じている。

IBMの業績推移グラフ

NEXT STORY

【時事】そんなのアリ? 日本IBMの巨額節税のカラクリ

【時事】そんなのアリ? 日本IBMの巨額節税のカラクリ

2015/08/07

IBMは過去に行った巨額の節税に関する訴訟で地裁、高裁と勝訴が続いている。どのような争点があるのだろうか。