ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

alt

「ソニー」ブランドの電気自動車(EV)が誕生する。ソニーグループ<6758>が米ラスベガスで開いているテクノロジー見本市「CES」で、2022年1月4日に明らかにした。今春にEV事業を手がける新会社「ソニーモビリティ」を設立し、EVの市販に向けて始動する。このソニー製EVは一般消費者の手が届くのだろうか?

ソニーのEVは高級車になる

現時点ではクーペの「VISION-S 01」と、5日のCESで発表されたばかりのスポーツ多目的車(SUV)の「VISION-S 02」の試作車2台が公開されているだけで、どのようなEVが発売されるのか分からない。ただ、一般向けの大衆EVではなさそうだ。

その理由は量産化の難しさにある。現在、世界最大のEVメーカーである米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「EVよりも、量産設備を開発する方がはるかに難しい」と告白している。ソニーが大量生産が必須の大衆EVを手がけるのは難しいだろう。

少量生産で利益が出せる高級EVをターゲットにするはずだ。ソニーのブランドイメージを向上する効果もある。米アップルはEV参入で外部への委託生産を模索しているが、ソニーも同様の選択をするだろう。ソニーの試作EVを手がけたオーストリアのマグナ・シュタイヤーなどが委託生産先候補だ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「ガソリン車廃止」反対のトヨタがレクサスを全車EV化する理由

「ガソリン車廃止」反対のトヨタがレクサスを全車EV化する理由

2021-12-21

トヨタがEVを本格展開することになった。その目玉となるのが同社の高級ブランド「レクサス」だ。豊田章男社長が「すべてがEVになればよいという話ではない」主張しているにもかかわらず、「レクサス」ブランドはすべてEV化するという。その狙いは何か?

関連のM&A速報