ヤクルト業績好調 通期も過去最高益更新の見通し

alt
Photo by Oriental Image via Reuters

ヤクルトが好調 4-9月の営業利益が最高益の278億円

公開日付:2021.11.12

通期も過去最高の更新を計画

 (株)ヤクルト本社(TSR企業コード:291014305、東京都港区、東証1部)は11月12日、2021年4-9月(中間)の連結営業利益が過去最高の278億2200万円だったと発表した。国内は「Yakult1000」が伸び、円安効果も出た。通期の業績予想も上方修正し、売上高・利益ともに過去最高を更新する見通しだ。

 2022年3月期の連結業績予想は、売上高4125億円(前期比6.9%増)、営業利益515億円(同17.9%増)、最終利益430億円(同9.5%増)を計画している。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

エドウィン・セコム・ヤクルト…「カタカナ」社名の由来は?

エドウィン・セコム・ヤクルト…「カタカナ」社名の由来は?

2021/07/18

企業の社名では「カタカナ」が幅を利かせるようになって久しい。社名そのものが有力ブランドになっているケースは少なくないが、その意味や由来については意外と知られていない。業歴50年以上のカタカナ企業にスポットをあてる。