シーズメンがエスニック雑貨の「チチカカ(TITICACA)」を買収

alt
※画像はイメージです

シーズメンが「チチカカ」を買収へ

公開日付:2021.11.30

子会社化を予定

 メンズ衣料小売の(株)シーズメン(TSR企業コード:292467753、東京都中央区、JASDAQ)は11月30日、エスニックファッションや雑貨店「チチカカ」の運営会社の株式を取得し、子会社化すると発表した。株式譲渡実行日は2022年3月1日を予定している。

 シーズメンによると、「チチカカの強みである雑貨類のノウハウを相互に取り入れる」ことで、商品力の強化や管理機能の共同化、コスト削減などのシナジー効果で業績向上を見込む。(株)チチカカ(TSR企業コード: 130534056、東京都中央区)の全株式を保有する(株)ネクスグループ(TSR企業コード: 292050798、岩手県、JASDAQ)から取得する。

‌シーズメンが買収することとなったチチカカ(TSR撮影)
‌シーズメンが買収することとなったチチカカ(TSR撮影)©東京商工リサーチ

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【M&A判例】労組解散目的は不当解雇では「佐野第一交通事件」

【M&A判例】労組解散目的は不当解雇では「佐野第一交通事件」

2021/11/30

親会社が子会社を解散させたとしても、子会社の従業員を引き継がねばならない法的義務はありません。今回ご紹介する事案は、ある会社が買収した子会社の労働組合員を解雇する目的で子会社を解散させ、その効果が争われた判例です。